« 疑問な通達 | トップページ | 教科の存在意義・学校の存在意義 »

2005年9月24日 (土)

小学生の校内暴力最悪?!


23日付けの朝刊(読売)で表題の記事が一面をにぎわせていた。キレる子供(大人もそうだが)が増えている現状をみているとうなずけるものがある。全体的にみてそうだろうと思い、詳細記事を見てみると意外なことがわかった。各都道府県別の集計結果である。2003年度・04年度増減という順番で一覧表があるのだが、どう見ても格差が大きすぎるのである。ちなみに北海道が10・7・-3に対して、ダントツの3桁自治体を並べてみると次のようになる。
神奈川 237・318・+81
大阪   243・320・+77
兵庫   177・173・-4
大都市の東京はどうかというと、
東京  39・43・+4
である。管理教育強化地域?!をみると
千葉  51・59・+8
愛知  40・21・-19
少々信じられない数値である。もっと多いと思っていた。
しかも、山形、福島は「オール0」である。宮崎、鹿児島とも04年度が0なのである。2003年度でも「2」しかないのである。このデータを信用すると一体この格差をどう説明できるのだろう。

|

« 疑問な通達 | トップページ | 教科の存在意義・学校の存在意義 »

教育」カテゴリの記事