« ひらがな指導に目隠し書きを | トップページ | ADHD児の動きをつくる/体育教具子どものドラマ »

2005年11月12日 (土)

元気な声が出る呼びかけ指導

〈小 全〉  元気な声が出る呼びかけ指導
                                            札幌市立ひばりが丘小学校 大谷 和明
  ※これは以前に「法則化論文」として発表したものである。

=============================

 新入生歓迎会(通称「1年生を迎える会」)は、年間の児童活動ではおそらく最初に行われる行事であろう。
 そして、入学したばかりとはいえ、1年生も何らかの形で発表する場が設けられているものである。
 我が校の場合は、〔よびかけと歌「しあわせならてをたたこう」〕であった。
 学級代表の子どもたちの呼びかけに1年生全体が声を合わせて呼びかけていくスタイルをとった。
 代表の子どもがどれだけ元気な声で呼びかけるかが成否の鍵である。

 呼びかけ全文は次のようになっている。
┌──────────────────────────────────────┐
│ 1  おねえさん、おにいさん、きょうはどうもありがとう。                      │
│ 全  ありがとう。                                                            │
│ 2  とってもうれしかったよ。そして・・・                                    │
│ 全  たのしかったよ。                                                        │
│ 3  1ねんせいは、がっこうがだいすき!                                      │
│ 全  だいすき!げんきいっぱい!                                              │
│ 4  わたしたちはげんきなこえで、うたをうたいます。                          │
│ 全  きいてね。                                                              │
└──────────────────────────────────────┘
   私のクラスの子どもは4番である。
 しかも、女の子である。
 場所は、体育館である。しかも、当日は当然全校児童がひしめいているのである。
 元気のない、張りのない声だと最後を締めくくることができない。

 本番前時を迎えたがまだまだ元気な声とは言い難い状態であった。
 そこで最後の指導をした。
 しゃがんでTさん(代表のこども;体育館のステージ前にいる)に話しかけた。
┌──────────────────────────────────────┐
│ Tさん。セリフを覚えましたか?(ウンとうなずいた)じゃあ、言ってみましょう。│
└──────────────────────────────────────┘
 このときの声の大きさを「1」とする。   
┌──────────────────────────────────────┐
│ よく、覚えましたね。忘れちゃっても、同じようなことを言えばいいですからね。大│
│丈夫ですよ。                                                                 │
│ では、もう一回言ってみましょう。                                            │
└──────────────────────────────────────┘
 ここで私はさっと後退して、Tさんから5mほど離れた。
 このときの声の大きさ「3」。   
┌──────────────────────────────────────┐
│ うまい!(指で丸サインを送る)                                              │
│ うまいから、もう1回!                                                      │
└──────────────────────────────────────┘
 さらにさっと後退して体育館の中央部まで移動して、合図を送る。
 この時の声、「7」。
┌──────────────────────────────────────┐
│ すごい!よく聞こえるよ。(手で丸を作る)                                    │
└──────────────────────────────────────┘
といいながら、更に下がって体育館の端まで移動する。
 だまって、合図を送る。
 声の大きさ「10」。これだけ出せると十分という声量であった。   
┌──────────────────────────────────────┐
│             (頭上で丸を作ってみせる)                                      │
└──────────────────────────────────────┘
 Tさんのところに戻ると紅潮した顔でニコニコしていた。

|

« ひらがな指導に目隠し書きを | トップページ | ADHD児の動きをつくる/体育教具子どものドラマ »

教育」カテゴリの記事