« 論理的思考を鍛える授業のコツ | トップページ | ( »

2005年11月22日 (火)

日記実践化の試み

※これは、どこかの同人誌に送った原稿である。

        ~日記実践化の試み~「作文で鍛える」  
                                            札幌市立ひばりが丘小学校 大谷 和明

1.実践紹介にあたって

 今回の特集テーマにある『「鍛える」作文』は、主宰 野口先生の名著『作文で鍛える』(上・下)から設定されたものであり、「見たこと作文」のような理論があるわけではない。あくまでも、作文で国語の力を鍛えることを眼目に置かれて、著されたものである。「見たこと作文」に対置する上で、「鍛える作文」となっているということを了解の上で、以下、私の実践紹介をする。

2.作文力を伸ばす極意~私なりのくくり方

 『作文で鍛える(上)』に出会ってから9年が経過した。法則化運動に参加し、野口先生を知るようになってから、随分いろいろと実践上で勉強させてもらっている。もちろん、『作文で鍛える』もそのひとつ。
 上巻目次は、どれも心引かれる項目ばかりであるのだが、取り分け私の目を引いたのが、〈Ⅱ 作文力を伸ばす!これが極意だ〉である。
 ここまで断定、断言する項目の書かれ方はおよそ目にしたことがなかった。(今でもそんなにないだろう)実践をくぐらせてから理論化するという野口主宰の言葉の通りであるから、骨が太く、実践に使いやすいことばかりである。
 極意は6つある。そのうち、私が関心をもったのは、次のものである。
┌──────────────────────────────────────┐
│      1  いつでも書かせる-多作化                                         │
│      2  どこでも書かせる-生活化                                         │
│      4  おもしろがらせる-血肉化                                         │
└──────────────────────────────────────┘
 これらを私が実践化しやすいように解釈を加えて、次のような言葉に置き換えてみた。すなわち・・・
┌──────────────────────────────────────┐
│                           日常化・習慣化                                  │
└──────────────────────────────────────┘
である。
 『作文で鍛える』は、作文コンプレックスを取り除くことをねらって執筆されているが、低学年段階では、
┌──────────────────────────────────────┐
│              作文コンプレックスを形成させない指導が必要                   │
└──────────────────────────────────────┘
と考えて、作文学習の「日常化・習慣化」を私自身ねらってみた。
 中高学年へと移行していくにしたがって、作文コンプレックスが高まっていくことが多いが、コンプレックスを抱かせてしまった子どもには、治療的な学習指導が必要となってくる。
 本稿では、そのことは除いて、日記を通して低学年段階で書くことを面倒臭がらないようにしていく指導について述べることにする。

3.いつでも~多作化~の日記

┌──────────────────────────────────────┐
│  作文を書くということはひとつの行動である。一般に行動の習熟には数をこなすこ│
│とが最も効果的である。(中略-大谷)                                       │
│  「いつでも書かせる」-多作化-というのが、作文力を伸ばす極意の第一である。│
│(『作文で鍛える  上』  P.55~56)                                          │
└──────────────────────────────────────┘
 私が多作化をねらっておこなったことは、
┌──────────────────────────────────────┐
│                           日記を書かせる                                  │
└──────────────────────────────────────┘
ということである。
 日記である以上、当然、日常化・習慣化が必要とされる。
 多作化で作文の力を鍛える最たるものが日記であると私は考えている。
4.絵や実物を取り入れる

 低学年はとにかく先生と話すのが好きである。だから、「せんせい、あのね」の作文指導がある。

 9月24日 =============================
 ☆このあいだ、ぼくとおかあさんといもうととセイコーマートにいってきたかえりあきちによってあそびました。
 草を引っぱって、おおきなかぶごっこをしました。
 ぼくがおじいさんになって、いもうとがおばあさんになって、おかあさんがまごになって、とてもおもしろかったです。
 ちかくのサブちゃんを犬のやくにしました。
 そのあとタンポポのたねをとばしました。
 草をぬいてぼくだんにしたり、きれいなはなをみつけて、おかあさんにプレゼントしました。
 きれいなはなをみつけてるとちゅう、あたたかいはっぱをみつけました。
 もうふのようでした。ふわふわしていました。
 なんていうなまえかしりたいです。 ※実物添付  (KY)===================================
 Yくんは、とにかく自然のものが大好きな子どもであった。道端にあるもので珍しいと感じたものは必ず家に持ち帰ったり、登校途中なら学校にもってきたりする。生活科の「おみせをたんけんしよう」の時には、自動車工場からタイヤのアルミホイールをもらってきたことすらあった。
 化石にも大変興味があって、休日には父親といっしょに三笠の博物館まで出かけて化石のクリーニング体験までしてくる・・そんな積極的な子どもである。
 しかしながら、絵で表現することが大の苦手という子どもである。
 そういう子どもの日記には、実物持参・実物添付を奨励すると書き進めるのに、大変効果がある。
 余談ながら、Kくんが実にいろいろとおもしろいものをもってきて、友達にプレゼントをしていたことから、当時、朝の会では「お楽しみ」のコーナーまでできた。これは大変評判がよかった。
 低学年の日記といえば、「絵日記」である。絵を描くことで、どうしてもメッセージを伝えたくなるようである。絵だけでは伝えられないもどかしさを文章で伝えようという気持ちが伝わってくるものである。
 図工の絵画指導ではないので、気楽に描けるし、国語の作文指導を受けるわけでもないので、気楽に書けるというものである。

5.どこでも~生活化~の日記

┌──────────────────────────────────────┐
│  古諺は「去る者は日々に疎し」と教えている。もっともなことである。         │
│  作文力もそれと同じである。生活の中に取り入れられていつも用いられ、生かされ│
│ているならば、その力は高まりこそすれ衰えていくことはない。せっかく学んだ力と│
│技術は、努めてそれらを使う場を多くすべきである。P.56                       │
└──────────────────────────────────────┘
 家庭学習のついでに作文指導もしてしまう方法がある。
 10月2日 「ことばあつめ」HA =============かん字(紙幅の都合で改行を省略した。大谷) 車が五だいとおった。大きないしを六つはこぶ。虫が二ひきとんでいる。四月が入学しました。えんぴつが六本ある。七月になるとあついよ。がようしを八まいかう。やきゅうは九人でする。十円ででんわをかける。日よう日に町へいく。三日月が見えます。水をかけて火をけした。木ようはお休みです。お金をはらいました。土いじりをしてあそぶ。みんな一年生です。先生にあいさつをした。わたしは女の子です。男の子がうまれました。目がさめる。耳がかゆい。口をゆすぐ。音がくをきく。足をあらう。上をむく。下におろす。左へいく。右へまわる。小犬がいる。お正月はたのしいね。二つずつ石をひろった。空に月が見えてきた。夕日がにしにしずむ。あすはよいお天気だよ。子犬に名をつけた。森の女王になりました。林の中はしずかです。小学校はちかくにある。村の人が立っています。花火はとてもきれいだ。川の水がながれている。山おくの田んぼへいく。じどう車が火じだ。と中で車から下りる。文をかきました。字をたくさんならった。=====================================
 私が昔からよくやる漢字練習法は、このように短文作りをしながら覚えさせるというものである。作文練習の基本は短文作りである。
 主述がそろっている基本文にいろいろな装飾語句をつけていって、やがて味わいのある表現力豊かな作文を書けるようになると考えている。
 それに何と言っても、該当語句の使用例を飲み込める便利さがある。

6.本の丸写しOK~本のしょうかいカード~

 日記がうまく書けないという子どもたちには、本の丸写しをさせてみた。      FKさんの自分の好きな本の挿絵と文「かいぞく・がいこつ かいぶつじま」章の一部を写す。                       
 本となって出版されるのだから、文章は平易で子どもたちに受け入れられやすいという点がある。                       
 守・破・離の「守」にあたるわけだ。                        しかも、本の紹介を兼ねているので、学級内で本を紹介することもできるという一石二鳥のしろものである。                        
                       
7.「欠席届」日記?!
                       
 『作文で鍛える 上』中で欠席届を自分で書かせるという紹介がある。
12月22日=======                       
 きょうは、まだねつがあります。もしも、あしたなおったら、小学校にいけます。
 わたしは早くねつをなおして学校にいきたいです。もしかして、ふゆやすみまで、や すんでいるかもしれません。                      
 もしも、あした、いけたとしても、たいいくかんとかろうかにでちゃだめです。だってろうかは、さむいんだもん。                      
 もしもあしたいけなかったらみんなによろしくと、いっておいてください。Mより

=============
 この「欠席届日記」は、同じマンションのクラスメートのGくんに頼んでもっていってもらったものである。終業式が目前という時期でもあり、本人はかなり心配していたのだと思う。かわいらしくていいのだが、熱が出ているのに日記をつづっていて、なおかつ提出を望んでいるところが「日常化・習慣化」がかなり進んでいる状態と考える。

8.おもしろがらせる~血肉化~の日記

┌──────────────────────────────────────┐
│  これまでの作文指導は、あまりにも「教育的」であり過ぎたのではなかろうか。「作│
│文」というよりは「教育作文」だったのではないか。本当に子どもたちが書いてみた│
│いと思う題材で書かされたことは、ほとんどないのではあるまいか。             │
│  書いてみたくもないもの、書きたいと思わないもの、そういう題材が一方的に与え│
│られて作文を書かされてきたのではなかったか。                               │
│  仮にもしそうであるならば、子どもが作文を好まないのはあまりにも当然のことで│
│ある。  P.61                                                               │
└──────────────────────────────────────┘
 日記の良いところは、題材から構成から文体に至るまで、全くの自由に任されているという点にある。日記の日常化習慣化を図るには、その子の好きなものごとについて、つづってお知らせしてもらうようにすればよい。

 10月22日 =============================
 きのう、おんがくかいにいってきました。ピアノ、チェロ、バイオリンのすてきなきょくでした。
 「しょうらい あんなふうになってみたいなあ。」
とおもいました。                      A  
 2月7日 ===============================
はじめてのコンサート  KY
 2月5日、玉置浩二のコンサートにいきました。
 会場は月寒グリーンドームで広い場所なのに、おきゃくはちょう~~まんいんでした。
 コギャル(女子高)がキャーキャー言って、玉置浩二をまっていました。
 この日は、わたしの家ぞくもみんなファンなのでたのしみにしていました。
 玉置のおじさん(玉ちゃん)がステージに立った時、どこかのおじさんが、
 「たまちゃん~。」
 「たまさ-ん▼」
 「お~い。」
 「こっちむいて-」
とさけんでいました。
 じつは、わたしも、むねがドキドキ。
 そんなファンのようすを見て、玉ちゃんものりのりでステージの上ではしり回りました。
(ここにかとうさんの玉置浩二のイラストを挿入)
 さいごは、みんなたちあがってだいがっしょうしました。
 玉ちゃんものって、アンコールにこたえてくれました。
 とてもすてきなコンサートでした。また、見にいきたいです。
 また、見にいこうと三人でやくそくしました。=====================================
 Kさんは、お父さん譲りで絵が大変上手な子どもである。得意な絵を日記に挿入させることで大変楽しい日記になっている。
(※大変残念なことにかとうさんのおとうさんは、病気のためにこの春に他界されてしまいました。ご冥福をお祈りいたします。合掌・・)

9.どこでも~生活化~の日記 その2 観察日記

 理科好きな子どもには、観察日記を書かせると効果的である。

 9月26日 ==============================
 うちにかめがいます。なんでもたべます。はえ(蝿)もか(蚊)もたべます。
 それにおさしみもたべます。なまえはかめおといいます。   R
 9月29日 ==============================
 きょう、Gくんががんえん(岩塩)をもってきました。
 ちょっとみるとこおりざとう(氷砂糖)のようでした。
 さとうはあまいけど、しおならきっとしょっぱいのでしょう。 R
 10月22日==============================
 きょう、インディアン水車へうちのかぞくといきました。
 はくぶつかんにいったら、サケやカラフトマスがいた。水そうがすごく大きかったです。
 ほそいのやふとってるのがいました。
 そして、えいがみたいのがあって、5年もたっているのに、うまれたところのにおいをおぼえているなんて、天才かとおもった。
 本とうはな(鼻)がいいとおもった。    R
=====================================
 観察眼の鋭い子どもは、比喩が上手である。いろいろな物事をよく見て覚えているから、ものの例えがうまくできるのである。
 その表現を学級に紹介していくだけでも表現力がずいぶんとついてくるものである。日記の手軽さは、紹介するときの手軽さにもつながって、日記指導の日常化さえ手伝ってもらえるものである。

10.日記から拾い上げて作文化したもの

 日記にはさまざまなことがつづられてくる。
 「精読主義から粗読主義へ」と奨励されているが、詳しく知りたいと思うことがたまにある。そんな中から書かれた作文が次のものである。

=====================================
 きょう、ばあちゃんのしゅじゅつがせいこうしました。あさの九じからはじまって、ゆうがたの四じにおわりました。
 おとうさんが、
「おいのりしててね。」
といっていました。
 おとうさんは、びょういんにいったりきたりしてました。ばあちゃんは、しんぞうにあながあいているびょうきです。ますいがきれるのは、あしたです。
 しゅじゅつがせいこうしたら、まどが大きくて、ベッドがふかふかしているおへやにうつります。               
 しゅじゅつは、いたいだろうなあ。しんぞうにあながあいているびょうきって、どう
やってなおせるのかなあ。
 すごいせんせいですね。いしゃってつかれるよね。きもちわるくないのかなあ。 おとうさんは、しゅじゅつがおわったら、でんわするといっていました。
 でんわがかかってきました。おかあさんが「よかったね。」
といいました。
 おとうさんはもし、目をさまさなかったらしんぱいだからといって、びょういんにとまります。
 ぼくもとまりたいなあ。まごだから、とまりたいなあ。
 ばあちゃんは、すごいね。しにたくないからって、ゆうきがあるね。
 ぼくはゆうきがないの。どうしても、こわいんだもん。
 ゆうきがある人って、つよいね。ぼくは、だけど、こわいの。こわくて、こわいの。
 ばあちゃんは、こわくないの。すごいばあちゃんです。
 さいしょのとき、いのっていたんだよ、がっこうで。
「ばあちゃん、だいじょうぶかなあ。」ってしんぱいしていました。 R=====================================
 大好きなおばあちゃんが大病で手術ということだから、並の心配ではなかったろうと思う。思いが強いほど作文にも迫力が出て来る。
 作文の題材にしてしまうのは、若干気が引けたが思いきって書かせてみた。
 結局この作文は「札幌の子ども」という作文集に掲載されることになった。
 いつもの日記の拡張版程度のボリュームであったが、ほとんど推敲の手がかからずにすんでしまった。
 これもまた継続は力なりの日常化・習慣化のたまものと考えている。

11.やたらほめまくる~暗示化~赤ペン&学級通信への掲載奨励

 子どもたちの作文や日記は掲載不可の指示がない他は、できるだけ学級通信に掲載して紹介することにしてきた。赤ペンもいれることもある。
 向山洋一「教え方教室」でよくされる講座に赤ペンの入れ方がある。
 端的に言って、とにかくほめてほめてほめちぎるということにつきるが、これは野口主宰の言われるところの暗示化ということである。

ON =============================
 きょうは、かがくかんひろばにおくれるかと思って、7時50分ぐらいに出ました。 かがくかんひろばについたら、ほかの人とかがいっぱいきていました。
 いよいよ、どうぶつえんについて、さいしょに、オサル(おさる)を見ました。
 ちっちゃくて、子どもザルもいました。
 おさるはすばしっこいと思ったのに、のんびりしていました。
 つぎにゴリラを見てたら、ゴリラがゴロゴロとしてねていました。
 ゴリラのポーズを見せてほしかったのに、がっかりしました。(きっと、胸をたたくドラミングのことでしょう)
 つぎにゾウを見ました。
 ゾウは、なにかを見ているようで、耳をパタパタうごかしていて、もう1とうのゾウはボーッと立っていました。
 そして、キリンは草を元気よく食べていました。
 オオカミは、おとなしくてかおがキツネみたいでかわいかったです。
 前の時は、ウロウロウロウロうごいていたのに、へんだなあ(「へんだなあ。」)と思いました。
 おべんとうを食べおわってから、イグアナとか5センチメートルしかなさそうなカメを見ました。
 と中で、のどがかわいたのでむぎちゃをのもうとしたらなかったので、こおりを食べてしまいました。
 家で、「すごく楽しかったなあ。」と言いました。

【赤ペン】これもまた、すごくじょうずな作文です。たんけんちゅうに見つけたどうぶつたちを、じつによくかんさつできています。 
 アンダーラインのところは、みんなのお手本になるじょうずな書き方ができているところです。
 のどがかわいた時にのんだこおりは、きっととってもつめたくて、おいしかったんでしょうね。みんなでたんけんしたどうぶつえん、また、みんなでいっしょにいきたいですね。こんどの作文にたいへん楽しみです。=====================================
 ほめられれば親も子どももうれしいに決まっている。うれしいからまた書いてみようという気持ちになる。意欲が高まり作文の多作が始まればさらに表現力も高まってくるという相乗効果が期待できるのである。

|

« 論理的思考を鍛える授業のコツ | トップページ | ( »

教育」カテゴリの記事