« 下の句カルタ 速習法(1) | トップページ | 口の形を正しく(口形指導) »

2005年12月 7日 (水)

下の句カルタ 速習法(2)

前のサイトアップの続き・・・

 小 特活     北海道版 下の句カルタ 速習法(2)
自重札を取り入れる
                    札幌市立ひばりが丘小学校   大谷 和明 

1 自重札を取り入れる

 下の句かるたを習得する上での難点の一つが
┌──────────────────────────────┐              
│自重札・半自重札のよりわけ技術の難しさ                      │             
└──────────────────────────────┘              
にある。
 読める・取れる札が増えてきたところで、
┌──────────────────────────────┐              
│ 速習の原則2                                               │             
│ 一人10丁の中に一丁ずつ自重札・半自重札を取り入れて試合する│             
└──────────────────────────────┘              
のが、次のステップである。
 例えば、『今一度のあふこともがな』と『今一度の御幸またなむ』を一丁ずつもつのである。
 全日本の下の句かるた協会の読み方ガイドによると、こうなる。

今一度のあふこともがな・・・い-ま-ひと-た-び~の~伸びが多い。
今一度の御幸またなむ・・・・いま~ひとたびの~つめて読み進める。

 同じように、次のようになっている。

けふを限りの・・・・きょ~お~かぎ~り~の~(伸ばす)
けふ九重に・・・・・きょう、ここのえに~(縮める)

 これらは、ガイドにしたがってあらかじめ試合前に読み違いを教えておいてから、試合を始めるようにする。
 お手つきが増えるがそれが逆に、ゲーム性を高めるもととなって、真剣に札取りをするようになる。

2 五色百人一首にならう

 (1)でも述べたように、東京教育技術研究所発行の五色百人一首のように
┌──────────────────────────┐                      
│     自重札・半自重札を混ぜ合わせながら、          │                      
│    20丁一組として1対1で源平戦をする           │                      
└──────────────────────────┘                      
  ことにより、
┌──────────────────────────┐                      
│    ゲームに緊張感を持たせ                         │                      
│    無理なく札を覚えさせ                           │                      
│    白熱戦が期待できる                             │                      
└──────────────────────────┘                      
  原理を生かして下の句かるたを指導するのが効率がよいのである。

なお、「北海道版下の句かるた」を五色百人一首様に組み直ししたものはTOSS/FreeTalk で開発されている。

|

« 下の句カルタ 速習法(1) | トップページ | 口の形を正しく(口形指導) »

教育」カテゴリの記事