« 定期テストに備えて やまカンテスト | トップページ | 総合的学習と二十一世紀型の授業像を探る »

2005年12月 7日 (水)

中学生ともなると・・・

※これは以前に雑誌へ投稿したものである。

1 中学生ともなると・・・

 小学校と中学校両方の教師経験から感じていることは、
┌──────────────────────┐                               
│中学生ともなるとかなり大人びた(良く言えば客        │                              
│観的な)ものの見方ができるようになるものだ          │                              
└──────────────────────┘                               
ということである。
 小学校の低学年では、教師対児童個人という一対一の関係の糸がたくさんある状態である。したがって、教師評価には「自分にとってどうであるか?」という視点が中心となっている。
 これが高学年になるにしたがって、教師対児童集団(この場合、よくあるのは仲良しグループの小集団である)の関係が多くなってくる。
 つながりの糸は、数が少なくなるとはいえ、教師にとっては集団内での子どもの意識や子ども同志の関係など見えにくくなってくる。
 そして、中学生となると教師対学級生徒集団の関係が強くなってくる。
 集団づくりを通して、学級経営を展開することが多くなってくるので、このような関係が当然多くなってくる。
 生徒の方も一人ひとりが学級集団の意識を代表できるような状態となってくる。
 だから、一人の意見の後ろには学級全体(あるいは、圧倒的多数)の意見があるものだと教師側はとらえる必要があろう。
 加えて、一人ひとりのものの見方考え方にもかなり客観性がでてくることであるから、一口に教師評価といっても、かなり辛辣で厳しくみることができるのだと、私たちは意識していなければならない。

2 教師からのお願いとして提案する

 生徒たちは通信簿という形で明文化されたものを生徒たちは作りはしないが、日常会話・交友関係の中で、互いの担任を評価しあっているものである。それをあえて、文面に表し、教えてもらうわけだから、
┌─────────────────────────┐                        
│先生にも、ぜひ「担任の通信簿」をつけてみてください          │                        
└─────────────────────────┘                        
と学級全体に依頼する形で提案することを私は薦める。

 3 どのような組織で行うか 二つある。
┌─────────────────────────┐                        
│ア  班長会などの既存の学級組織集団をそのままつかう     │                        
│イ  臨時に「学級担任通信簿」作成プロジェクトチーム          │                        
│  をつくる                                                                 │                        
│ウ  プロジェクトチームにオブザーバー(学級代議員)          │                        
│  が加わる                                                               │                        
└─────────────────────────┘                        
アの利点は、各班の意見集約を取りやすく作業が平常時のように手早く行えるという点である。
 欠点は形式的で無難に終わってしまうことが心配されるということだろう。
 したがって、この組織を活用する場合は評価の観点項目を決定する時にいかに多くの意見を引き出せるかが成否の鍵になる。
 イの利点は、なんといってもノリをうまくつかって、楽しいものができあがるという点である。(原版ではここに写真が挿入されている)
「やってみたい」という意欲が優先された集団だからノリはいい。
 しかし、でき上がりに厳粛さを求めることはむずかしくなる。
 ウは、アとイの折衷案である。ノリの集団に学級代議員として学級全体の代弁者として加わることで「通信簿」の適正が高まっていくことが期待できる。
 いずれの場合でも、集団の質と一人ひとりの判断力の程度といった学級の状態により学級会議で決議されることが望ましいだろう。

4 編集方針を決定する

 どの組織で通信簿を作成する場合でも、
┌─────────────────────────┐                        
│  編集方針がもっとも大切である                                     │                        
└─────────────────────────┘                        
ことを担任も生徒たちも共通認識を持たなくてはならない。
 その際、やはり生徒たちが手にしている通信簿の役割や意義などを再確認することが効果的であろう。
 つまり「通信簿」とは、
┌─────────────────────────┐                        
│①  生活や学習の状態を評価し、                                    │                        
│②  今後の励みとなる                                                   │                        
└─────────────────────────┘                        
指導資料であるということである。
 通信簿を発行する法的根拠はないが、どこの現場でも、このような意義を認めながら、評価・発行していると考えられる。
 二つのうち②の方が特に大事である。
┌─────────────────────────┐                        
│「励みになるように」という意識が欠落してしまうと、             │                        
│欠点をあげつらったり、単なる批判で終わってしまいか        │                        
│ねない                                                                       │                        
└─────────────────────────┘                        
 担任~生徒の間が気まずくなるようであれば、いっそのこと担任の通信簿は作成しないほうが、まだましである。
 また、「相手を温かく見る」という思想は評価の基底となることだから、欠くことができないと私は考えている。
 通信簿作成会が編集方針を打ち出せるならベターであるが、学級活動の中で担任と生徒の話し合いの上で、編集方針が決定されてもよいであろう。

5 記入の際の配慮事項

 学級担任の通信簿には、大きく三つの評価領域が出てくる。
┌─────────────────────────┐                        
│  ①  教科担任としての指導技量                                    │                        
│  ②  学級担任としての経営技量                                    │                        
│  ③  教師としての行動評価・その他                               │                        
└─────────────────────────┘                        
 ①については、一般的な教育技術が出てくる。
 例えば、板書の字の善し悪し・スピード全体のまとまり、話し方のわかりやすさや話す速さ、机間指導での援助の仕方、実験観察での指導・援助の程度などなど・・である。
 これらの項目について、異論をはさむところはまずないだろう。
 また、③についても生徒たちの理想とするところの教師像に照らしみて、どのように自分をみてくれているか興味がわくところだが、大抵のことには意義を申し立てることは起きないだろう。
 問題は、②である。
 「自分はそれほど悪くもないだろう」と思っている教師でも、実に多くの批判評価がでてくることを覚悟しておいた方がよいと思っている。
 好意的評価をしてくれるものについてはうれしい気持ちで読み終われるが、批判評価については、教師と言えども人間であるから、おもしろいはずがない。例えそれが当たらずとも遠からずであれば、愉快な気分で終わるとは考えにくい。
 そのことで、教師と生徒の間に溝を作ってしまっては、せっかくの通信簿が水の泡になってしまう。
 そのため、批判についてはワンポイントアドバイスを書き添えるようなひな形を事前に提示しておけばよいだろう。
┌─────────────────────────┐                        
│○○については、◇◇◇という状況です。△△を☆☆☆      │                        
│のようにしていくときっとよくなっていくことでしょ                   │                        
│う。がんばってください。                                                │                        
└─────────────────────────┘                        
 教師が記入する家庭への通信欄と同じような配慮を生徒たちにも、前もってお願いしておけばよいのである。
 こういうことは、遠慮することはないだろう。
 そして、
┌─────────────────────────┐                        
│    記入用紙は、無記名とする                                        │                        
└─────────────────────────┘                        
ことが肝腎である。
 無記名であるからこそ、忌憚のない意見が欠けるのである。
 生徒たちの本音を訊こうと考えたらやはり「無記名」にしなければならない。

6 教師自身が真摯な気持ちで

 最初に述べたような発達段階を迎えている中学生に対して担任の通信簿を行うなら次の基本的な心構えが必要である。
┌─────────────────────────┐                        
│①  かなり厳しい批判も甘んじて受け入れる心の準備を      │                        
│  しておくこと。                                                           │                        
│②  比較的よい評価でも割り引いた上で受け入れるこ       │                        
│  と。                                                                       │                        
└─────────────────────────┘                        
である。
┌─────────────────────────┐                        
│担任の通信簿は、教師修業の一環として受け取るという     │                        
│姿勢が大事である。                                                     │                        
└─────────────────────────┘                        
『学び続ける教師にこそ、人を教える資格がある』 私自身、この名言を肝に銘じて、通信簿をいただこうと思う。
(原版ではここに写真が挿入されている)

|

« 定期テストに備えて やまカンテスト | トップページ | 総合的学習と二十一世紀型の授業像を探る »

教育」カテゴリの記事