« 『海外旅行で鍛える』(野口芳宏著)再読  | トップページ | オッペケペー節の授業 »

2006年5月24日 (水)

『文学教材で何を読み取るか』

これは、もう何年も前に野口芳宏先生の授業を参観させてもらった後で、書いたものである。

============================

『文学教材で何を読み取るか』~野口芳宏氏の授業参観記~

 私の地元、空知管内で野口先生の授業、それも立ちあい授業がある~この一点で、また私の野口講座受講数が一つ増えた。
 空知の南、由仁小学校を会場として『空知作文教育研究会 事業3 研究授業及び講演』であった。
 授業は『野の馬』(教育出版六年下)、ファンタジー教材である。相手は、会の事務局長の柳谷直明氏。学級の子どもたちはどの子もよく鍛えられていて反応が実によかった。主宰の使われた隣の学級の子どもたちもやる気に満ち満ちた、主体性の高い子どもたちばかりだった。 例によって、素材研究→教材研究→発問研究の手順を踏まえられての授業は、なかなかに緊迫感があり、主宰の巧妙な話術と鋭い切り込みで飽きることなく授業が展開されていった。
 講演『文学教材で何を読み取るか』という題目が、立ちあい授業と関連して魅力あるものだった。
 主宰の主張はいつも明快である。
┌──────────────────────────────────────┐
│  文学とは「人間存在とは何か」という問題を追求する(言語)芸術である。     │
└──────────────────────────────────────┘
 What is a human being? 
 私が、野口主宰の講義や授業を拝見拝聴する理由は、自分が教師であるからであり、それはつまりは、自分の有り様・存在理由をそこに求めるからであると思っている。
 主宰のお話は教育思想・教育哲学があり、そこにいろいろと教えを受けたいという気持ちがあるので足を運ぶ。この日もやはり得るところ大であった。
 文学の授業内容を芸術としての視点から解説されたことも「夕づる」以来の再認識を得るところとなった。
 国語の授業に限らず広く教育実践者としての姿勢を説かれる姿は、さながら「伝導者」のようであり、それを受ける私はいわば「求道者」ということになろうか。
 この日も大変貴重な教えを受けることが出来、幸せだった。Dsc01531

|

« 『海外旅行で鍛える』(野口芳宏著)再読  | トップページ | オッペケペー節の授業 »

教育」カテゴリの記事