« 私の本棚060929 | トップページ | 根本先生講座Ⅱ(その8) »

2006年9月30日 (土)

根本先生講座Ⅱ(その7)

  次に、終わりですね。                                          
┌──────────────────┐                     
│終わりは、立ち上がり技術といいます     │                     
└──────────────────┘                     
  今まで、側転の指導というとここはよくやるんですね。ところがここ
までは一致しなかったんですね。立ち上がるときにどういう指導をした
らいいのか、これが明らかにされていませんでした。私自身わからなか
ったんです。兵庫で立ち会い授業をしたときに私とやった久野先生とい
う方がこの立ち上がりのところを指導されたんです。それがこのなかに
入っています。それを私も勉強して、みなさんの指導に役立つようなも
のを考えているわけです。じゃあ、立ち上がるときにどういう発問指示
があるかというと、                                             

発問
┌──────────────────────────┐
│AとBでどちらの足型のほうが立ち上がりやすいですか      │
└──────────────────────────┘
  これは足平行(A)これは進行方向を向いています(B)。       
  Aだと思われる方。Bだと思われる方。先生方に聞くと大体分かりま
すね。ところが子供に聞くと、半々になるんですね。4年生で。側転の
形というのは、イメージしていますから、横で始まって横で終る。これ
も同じです、どちらが立ち上がりやすいか確かめなさい。            
(松本先生実演。最初は、自然にやってもらう)                   
  自然にやるとどうなるか見て下さい。                           
  横向きでやって下さい。(試技。ドタンと着地する)難しいでしょう
?                                                             
  というわけで、先生方のイメージもこれなんです。子供のイメージも
これなんです。ところが実際やらせると、こうやっているんです。後ろ
向きで立ってはいけないといわれたもんですから、こうやろうとするん
でバランス崩したりこっちへこう来たりするんですね。そこで、立ち上
がるときはこのほうが立ち上がりやすいんだよ、といってやるときれい
に立ち上がれます。                                             
┌───────────────┐                            
│ これを後ろ向き側転といいます    │                           
└───────────────┘                            
  後ろ向き側転(B)、横向き側転(A)、前向き側転とあります。が
子供は前向き側転は出来ません。立ち上がりはA、Bどちらの足型がい
いですか、という発問ではこう出てきます。         

|

« 私の本棚060929 | トップページ | 根本先生講座Ⅱ(その8) »

教育」カテゴリの記事