« 根本先生講座Ⅱ(その5) | トップページ | 私の本棚060929 »

2006年9月29日 (金)

根本先生講座Ⅱ(その6)

  もう一つは、視点です。                                       

発問3
┌──────────────────────┐      
│倒立するときに、目はどこを見たらいいですか  │      
└──────────────────────┘      
  そうしますと、大体考えられるのは、A,B,C、手の間を見る、先
を見る、へそのほうを見る。(ここに板書図示)                   
                                                               
                                                               
                                                               
  倒立をするときどこを見たらいいでしょうか。A~多数、B~5人、
C~0人。じゃあ、AかBか。Cを見たらひっくり返るわけですね。 
  運動会を千葉県では9月から10月にかけてやるわけです。私のとこ
ろも来週の日曜日にやります。今、組体操の練習をしているんですけど
もその中に倒立があるんですね。できない子に共通しているのは、どこ
ができないかというと、このへんを見ていますね。補助倒立ですから、
一人の子が持っているわけです。できない子はこうやっています。でき
ない子は頭を中に入れちゃいます。私は何て言うかというと、       

指示
┌───────────────────┐             
│      補助している人の足を見なさい。  │             
└───────────────────┘             
そうするとできます。支持する人の足を見なさいというと上がるんです
。これは、どちらがいいかというと、上手な子、倒立の理想形はどっち
だと思います。AかBか。Bなんです。                           
  倒立の理想というのは、体操の選手がやる倒立というのは、手と手の
間を見ます。ですから、一直線になります。首上げるとどうなるか。首
上げれば体が反るからきれいな倒立になりませんね。一番いいのは手と
手の間を見なさいです。でも、いっぺんにできませんね。ですから、段
階的に最初この辺(A付近)を見なさい。                         
  それでよくやるのは、赤玉を見て倒立しなさい。壁逆立ちするときも
、赤玉を見て倒立しなさいとやります。                           
┌────────────┐                   
│視点の固定化といいます   │                   
└────────────┘                   
  筑波大学の林先生は模型を作ってその模型の目玉を見なさいといいま
す。視点が固定されると動きというのは、正しい動きというのが出てく
るんですね。倒立のときには視点を固定させる。できない子を見たら、
手の向きがおかしいよと、視点がこちらを見てるよと、ぱっと見て診断
して下さい。もっと首を上げてごらんと、もっと先を見てごらんとそう
いう指導が即座にできるようになるといい指導が生れてきます。    

|

« 根本先生講座Ⅱ(その5) | トップページ | 私の本棚060929 »

教育」カテゴリの記事