« 根本先生講座Ⅱ(その4) | トップページ | 根本先生講座Ⅱ(その6) »

2006年9月28日 (木)

根本先生講座Ⅱ(その5)

  次は、中、着地の技術ですね。                                 

発問
┌─────────────────────────┐ 
│  手をつくときに、手の形はどういう形がいいですか  │ 
└─────────────────────────┘ 
  先ず、バレーボール形。肘が出ている、ポイントは肘です。質問は手
ですけども、本質はここなんです。ここが外を向いているか。       
  平行。出前持ち形、これが中に入っている。肘が外か胸の前かくっつ
いているか。着手した時にこういう手の向きがいいのか、平行、外を向
いて回るのがいいのか。                                          
                                                               
                                                               
                                                               
                          (コンテ3)   すみません。紛失中です。(^_^;)                      
                                                               
                                                               
                                                               
  バレーボール形がいい人?挙手10名                           
  平行がいい人?挙手6名                                       
  出前形がいい人?挙手10名                                    
  先生方でこんなに分かれているでしょう?この発問は素晴らしい発問
です。(爆笑)                                                 
  今日、授業をしたらみんなマットの先になりましたね、あれはこちら
としては困ったわけです。あれができたらしょうがないというのが半分
。マットが半分になったときに、いい授業なんですね。みんなマットの
先になりましたから、逆転できなかったわけです。授業というのは、逆
転がどっかで起こらないとドラマにならないんです。ドラマもそうでし
ょう。足長おじさんでも、いじめられていたのが最後逆転して幸せにな
る。授業も同じなんです。最初、分かれてどれがいいかなと分からなく
なったときに初めて学習が成立するんです。じゃあ、どうしてこれがい
いのか理由を聞きます。簡単にね、こればかりやっているとこれで30
分なってしまいます。さあやろうかというときには授業は終ってしまい
ます。簡単に聞いて下さい。なぜこれがいいのか。じゃあどれがいいか
。自分で動いて確かめてみようとやります。                        
  あるいは、その後集めまして、じゃあどれがいいか試範してやっても
らうよ、とやります。今日は松本先生に代表してやってもらいます。 
(松本先生、実演。3種類の方法・バレー・平行・出前を実演する。)
  どれが一番回りやすいですか。                                 
  「バレーボール形。」                                          
  これ(出前形)やったらどうなりましたか。「肘が外を向いてしまっ
た。」痛かったでしょう。うまいから、これができたんです。下手な子
にやらせたらできませんよ。なぜ、できないかというと、こう動いてい
るんだから、体はどうなるかというと外を向こうとするから、動こうと
するとストップがかかる。だから体がこっちへ来ちゃうんです。ところ
がこれだと、こう付きますから体が自然に出てくるんです。         
┌──────────────┐               
│これを先取り動作といいます    │               
└──────────────┘               
  これは、先取り動作ができる動きなんです。自然に次の動きを引き出
していく。だから、着手する時にでたらめに付かせるんじゃなくて、逆
に動きを止めるような動きをしている子を見付けたら、手をもう少しハ
の字にしてごらん、そうすると回りやすいよ、と教えてやります。ここ
がポイントです。先取り動作のできる着手をしていく。             

|

« 根本先生講座Ⅱ(その4) | トップページ | 根本先生講座Ⅱ(その6) »

教育」カテゴリの記事