« 根本先生講座Ⅱ(その3) | トップページ | 根本先生講座Ⅱ(その5) »

2006年9月27日 (水)

根本先生講座Ⅱ(その4)

《板書》                                                       
┌─────────┬────────┬─────────┐ 
│     はじめ           │      なか         │      おわり          │ 
├─────────┼────────┼─────────┤ 
│  回転加速の技術   │  着手の技術      │  立ち上がり技術    │ 
├─────────┼────────┼─────────┤ 
│  ここに発問1の     │                    │                       │ 
│  図を挿入           │                     │                       │ 
│                       │                     │                       │ 
│                       │                     │                       │ 
└─────────┴────────┴─────────┘ 
どうやって、スピードを付けるか。そのときに発問があります。いきな
り教えないでね。                                                

発問
┌──────────────────────────┐ 
│    側方倒立回転に入るとき、立ち足はA,Bどちらが       │ 
│    やりやすいですか。                                          │ 
└──────────────────────────┘ 
              Aは、手足が平行、Bは、脚が進行方向             
                    図を挿入(資料から転載)                   
                                                               
                                                               
                                                               
  Aというのは平行です。並べる。Bというのは進行方向に対してこう
いう足のときですね。どちらのほうがスピードが付くと思いますか。挙
手して下さい。A(人数不明)はい、B(人数不明)できるだけこっち
でやって下さい。側転というとこういうイメージを持っているんですね
。これでできるかどうかやって確かめなさいというんです。(松本先生
実演。)子供の意識の中には、これだと思っているんだけども、こうな
ってしまうんですね。そこをはっきりさせるんですね。グループで。先
生これもやって下さい。(松本先生A実演。)やりずらいでしょう? 
このまま回ると90度回転して回るわけで難しいんです。ところがこう
振り出せば、回転の軸が方向と同じですから回りやすいんですね。スピ
ードが付くわけです。最初のところここのところ、ここにポイントがあ
るんです。これがテクニカルポイントです。できない子がいたときにど
こでつまずいているかを診断できるわけです。      

|

« 根本先生講座Ⅱ(その3) | トップページ | 根本先生講座Ⅱ(その5) »

教育」カテゴリの記事