« 根本先生講座Ⅱ(その7) | トップページ | 私の本棚061001 »

2006年10月 1日 (日)

根本先生講座Ⅱ(その8)

  しかし、これだけでは未だできませんから、次の発問です。      

発問
┌───────────────────────────┐
│Bのように立ち上がるには、目はどこを見たらいいですか  │
└───────────────────────────┘
  着手、正面、進行方向。これも分かりますよね。後ろ向きで立つんで
すから着手です。できない子ほど視点というのは正面向いています。な
ぜかというと、怖いからです。怖いから逆さになれないからあごが上が
ってしまうでしょう。視点が上がれば腰が上がりません。視点を下ろせ
は簡単に上がってくるんですね。下を見れば、もっともっと足を上げれ
ば視点が上がってくるわけです。ただ、それには倒立ができなければい
けないわけです。手と手の間を見て倒立すればきれいな側転ができる。
  そのときにどうするかというと、着手を見なさいといっても着手には
跡がつい付いてませんから、これを置いておくんですね。これを置いて
おいて、手と手ではさむようにして、回って、最後まで赤玉を見ていな
さい。そうするときれいな側転ができます。これを置いたときと置かな
いときとどう感じが違うか。なしでやってみましょう。             
(松本先生実演。)                                             
  今度はこれを置きますから、手と手の間ではさむようにして、最後ま
で、立ち上がるまで見ていて下さい。視点を固定していてください。 
(松本先生実演。)                                             
  「立つときに安定します。」見たでしょう。さっきはふらついたでし
ょう。ところが今はぴたっと止まったでしょう。視点を固定することに
よって動きが安定する。視点というのは大事なんですよ。            
  目はどこを見るかによって、筋肉は視点によって動きが自然にできて
くるんです。                                                   
  スキーも全く同じですね。スキーも滑っていくとき視点を固定して滑
っていくそうです。水泳でも同じです。上手な子のクロール、下手な子
のクロールの呼吸の仕方を見て下さい。下手な子は真上を見ています。
                                                               
                                                               
                          (コンテ4)  紛失中                        
                                                               
                                                               
  ひっくりかえるんです。視点、肩を見てやりなさいというといいです
よ。というわけで、立ち上がり技術は後ろ向き側転の技術です。後ろ向
き側転だけで終ったんでは連続技に入るときに困りますから、終ったら
すぐ、ジャンプするところがありますね。すぐつなぎ技を教えてあげな
ければなりません。(資料提示13の図;おなじく紛失中)          

|

« 根本先生講座Ⅱ(その7) | トップページ | 私の本棚061001 »

教育」カテゴリの記事