« 私の本棚061225(クリスマス) | トップページ | 新年のご挨拶 »

2006年12月26日 (火)

私の本棚061226

『バイアスを排除する 経営意思決定』(マックス・ベイザーマン著;東洋経済新報社 2,800円+税)

私はしばしば授業において、学習者である子どもに適正な付加を与えよということを言ってきている。そこで使うのが「バイアス」という言葉だ。(理系出身なので、ついつい使い慣れた言葉が出てくるわけだ)

経営意思決定にどのようなバイアスが働き、適正な経営判断をしてくべきかということを伝授しているのが本書である。その中に興味深いことが載っていた。

(引用開始)----------バイアス1  思い出しやすさ(鮮明性と新しさによる)
問3 米国における毎年の死因で多いのはどちらか? a 胃ガン  b 交通事故
多くの人々は交通事故のほうが多いと考えている。実際はこの信念とは逆に、胃ガンによる死因は交通事故の2倍以上である。これに続けてラソとシューメーカーは、1年間で典型的な日刊紙に載った交通事故による死亡記事は137回、胃ガンによるものはたった1回だったと述べている。出来事の頻度についての認知はメディアからの事例の利用可能性によってバイアスを受けることがよくある。
 日々の重要な意思決定も鮮明な情報に影響されやすい、。----------(引用終了)

露出頻度が高くなると必然的に注目度があがる。肝心なのは、背景にある実数把握にある。出された物事に素直に受け入れる前に、出典もとやその発信日時にも気を配っていく必要があるだろう。

|

« 私の本棚061225(クリスマス) | トップページ | 新年のご挨拶 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事