« 私の本棚070111文具でワクワク(旭川研修一日目) | トップページ | 私の本棚070113独自の物差しをもてば強い(夜、主税さんと柳谷邸へ) »

2007年1月12日 (金)

私の本棚070112てこ入れに価値が生まれる(旭川研修二日目)

『レバレッジ・リーディング~100倍の利益を稼ぎ出す~』
(本田直之著;東洋経済新報社 1,450円+税)

コトラーの『マーケティング・コンセプト』を出版した会社である。
本書のコンセプトは次に端的に記されている

--------(引用開始)たいしたことはしていないように見えるのに
常に余裕があり、しかも結果を出している人がいます。同じ努力を
しているのに、10のリターンしか得られない人もいれば、100
のリターンを得る人もいる。
これはいったいどこが違うかと言えば、「レバレッジ」を意識して
いるかどうかの差です。てこを使えば、重い岩もらくらく持ち上がり
ます。レバレッジをかければ、少ない労力で、大きな結果を出すこ
とができます。
それでは、ビジネスにおいてレバレッジをかけるには、どうすれば
いいのでしょう。
その答えは、本を読んで、そこに書かれているノウハウを自分流に
応用し、実践で活用することです。(引用終了)----------

”自分に合った読書環境を見つけよう”の一項に、こうある。

--------(引用開始)本を読む時間帯はいつごろがいいでしょう。
もちろんいつ読んでもいいのですが、バラバラな時間帯に読むより
も、毎日何時から何時までというように事前に時間を決めると、
習慣になり、継続しやすいと思います。(引用終了)-------

筆者は、朝一番を進めているのであるが、昨日の国語の研修会で
尊敬する野口芳宏先生は、「寝床・便所・移動中」の3箇所をあげ
ておられた。いずれも集中して、構えて読むという場所ではない。
机に向かって読む読書というのは、資料として読むものであり、
教養を高める読書というのであれば、隙間時間とでもいうべきとこ
ろを有効に使うということである。
移動中は私も共通するのだが、寝床は無理。速攻爆睡するからだ。
便所では新聞となっている。(しかも朝の出勤前だけ)

筆者は気になるページの角を折り曲げることも提案しているが、これ
はさしてめずらしい実践ではない。私の場合、付箋が多いが、付箋が
ない場合は、やむなく角折りをする。そして、あとで、PC入力したり
書き写したり、コピーを取ったりする。

本書は、単にノウハウを披瀝するだけでなく、本選びのためのスクリー
ニングとして書評サイトやメルマガを紹介してくれていて有り難い。
そのまま転載する。

毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン
http://eliesbook.co.jp/bbm/

ビジネス選書&サマリー プロ厳選!30秒で読んだフリ
http://www.bbook.jp/

Webook of the Day
http://webook.tv

1億円稼いだ■最強方程式を毎日10秒で → 平成・進化論
http://www.mag2.com/m/0000114948.html

プレジデントビジョン
http://www.president-vision.com/

インターネット虎の巻
http://iwamototakahisa.com/blog/

ワニレポ★せっかくやるなら楽しくやろう!
http://www.mag2.com/m/0000101533.html

日本の個人投資家よ、立ち上がれ!ファイナンシャルアカデミー通信
http://www.financialacademy.jp/

|

« 私の本棚070111文具でワクワク(旭川研修一日目) | トップページ | 私の本棚070113独自の物差しをもてば強い(夜、主税さんと柳谷邸へ) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事