« 私の本棚070122教師にもお詫びの技術が必要な時代 | トップページ | 私の本棚070124 FTメンバー【共著用重要資料】 »

2007年1月23日 (火)

私の本棚070123海中に住む昆虫~何食ってんだろ?!


『ぼくの世界博物誌~人間の文化・動物たちの文化』
(日高敏隆著;玉川大学出版部 1,400円+税)

日高先生の漫遊記である。めずらしく奥さんとのツーショットが
扉に掲載されてある。民間の出版社じゃないからだろう。(^_^;)

フランスに行った時にエピソードに〈海底20メートルに生きる
昆虫〉のことが書かれてあって興味を持って読んだ。
マツモムシなんかのように気泡をつけて、泳ぎ回っているのだ
ろうかと思ったら、こうだった。

(引用開始)------------ボードワン先生は持ってきた鉄製の
レバーをそこらの岩の割れ目に差し込んで、満身の力を込めて
岩を割った。
「ほら!」と叫んだボードワン先生の興奮した声が今も忘れられ
ない。
「ほら、ここにも!」「もら、こっちにも!」
ぼくはべつの感動も味わっていた。昆虫は世界のどんな場所にもいる。
しかし、海には進出しなかった、とぼくらは教わっていた。だが、
ちがう!ここは20メートルの海底だ。そこに空気を呼吸する
昆虫がこんなに元気に歩きまわっているではないか!潮が満ちて
きたらどうするのだ?
何と、先生が割った岩の割れ目の奥はからからに乾いていた。
割れ目の向きのおかげで、いくら潮が満ちても水は入ってこない
のだ。--------(引用終了)

ふうむ。変わった昆虫がいるものである。
しかし、それにしても!だ。一体、このエポフィルスという昆虫は
何を食べているんだろう。日高先生、そこまで書いてちょ!(^_^;)

|

« 私の本棚070122教師にもお詫びの技術が必要な時代 | トップページ | 私の本棚070124 FTメンバー【共著用重要資料】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事