« 私の本棚070131経済教育も重要だろうけど | トップページ | 私の本棚070202みんなで稼ぐか、優秀者に稼いでもらうか »

2007年2月 1日 (木)

私の本棚070201先人に学ぶことは意味がある

『和魂に学ぶ』(梶田叡一著;東京書籍 1,500円+税)

あとがきにこう記されている。

(引用開始)------ この本の全体を貫くものは、冒頭の
「脚下照顧」と最後の「〈和魂〉再興」をつなぐ線上にあり
ます。簡単に言えば、現代日本人はこのままでは「根無し草」
になってしまうのではないか、そして「根無し草」には「未来」
がないのではないか、ということです。特に若い人たちの精神
状況を見る時、このままでは日本は行き詰まるな、そしてやがて
亡びてしまうな、という危惧を持たざるを得ないのです
。(終了)

全く、同感の極み。今の生産性の乏しい若者達のあまりの多さに
落胆せざるを得ないところがあるので、大和魂を復活させたい
ものだと強く念じている。
「美しい国」づくりを提唱する国の首相は、まずもって政治家の
不正に粛正を持って対峙してこそ、出直しともいえる再挑戦が
できるのではないかと思う。
今の政党政治じゃ、国民が嫌気を指しているわけで、宮崎県知事選
にそれが結果として端的に示された形となっている。
和をもって尊しとなすとは、赤信号みんなで渡ればこわくない式の
精神性をさすものではないのである。

|

« 私の本棚070131経済教育も重要だろうけど | トップページ | 私の本棚070202みんなで稼ぐか、優秀者に稼いでもらうか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事