« 私の本棚070330立花隆はやはりスゴイな | トップページ | 私の本棚070401物理屋の説教 »

2007年3月31日 (土)

私の本棚070331二酸化炭素排出取締マシン

『メタルカラー烈伝 温暖化クライシス』(山根一眞著:小学館 2,300円+税)
山根一眞もルポライターとしては好きな方であるが、佐野眞一や立花隆に比べると重厚感に欠ける。袋ファイル以来お世話になっているのだが、このところこちらの活用はさっぱりになりつつある。こりゃきっと、パソコン&インターネットの影響なのかと思う。

メタルカラーシリーズもたくさん出版されてきたが、今回のものは正に装幀からしてメタルカラーそのもの。(^_^;)
第1章 巨大地震に挑む腕力と心  第2章 大気象災害時代の守護神  第3章 温暖化防止のモノ作り革命 と、個人研究のアンテナがピピ~!と反応しそうな並びっぷりである。

TOSS技量検定B~A表ネタに使えそうなものがズラッと並んでいるのだが、眼を引いたのはやはり京都議定書問題がらみで「GOSAT計画」である。
早い話が二酸化炭素を中心とする温室効果ガスを衛星から測定するプロジェクトなのだが、その精度がすごい。
地上660㎞上空から、1/100万単位のスケールで二酸化炭素濃度を測定できるというのだ。(^_^;)
ただの一市民としては笑ってごまかすしかない精度(なのだと思う)。しかも、国単位で二酸化炭素の排出量が一目瞭然と分かるというのだから、京都議定書批准に向けての追い風となっていくだろう。

ただし、自国(日本のことですね(^_^;)の排出量がシャレにならない程のものを身内が知らしめるようなら、笑い話にならないわけだが、今の日本の技術を持ってすれば、そんな赤っ恥をかくことはまずないだろう。とはいえ、早急に削減作業を進めておかないとならないことには、変わりはない。
何しろ、このGOSAT計画、2008年打ち上げで、2008~2012年までの京都議定書の第一段階期間に威力を発揮することになっている。

すでに地球温暖化の影響が拡大している状況で、地球上の生命維持に貢献していってくれることを願いばかりである。
ああ、書評のつもりが全然矛先が変わってしまったね。まあ、それもあり。(^_^;)
今後の諸問題を考えていくための参考書として手元に置いておくと便利だあろう。

明日からいよいよ新年度開始である。

|

« 私の本棚070330立花隆はやはりスゴイな | トップページ | 私の本棚070401物理屋の説教 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事