« 【私の本棚070418教養とは底力なり】 | トップページ | 私の本棚070506身体脳のすすめ »

2007年4月19日 (木)

【私の本棚070419子供は絶滅危惧種?!】

『コンピュータが連れてきた子どもたち』(戸塚滝登著:小学館 1,500円+税)

インターネット社会の中で暮らす我々大人が、いかに子供たちと向き合って
いけばいいのかを示唆する好著である。
なかでMI理論について論述する部分がある。

===(引用開始)こうしてガードナー(ハワード・ガードナー;心理学者)は
生物学的な根拠や、さらには文化人類学に基づく根拠なども総合した上で
人間の知能とは少なくとも7種類の独立した知能から構成される集合体な
のだと結論づけました。有名は『知能の多重性理論』(Theory of Multiple
Intelligence :別名 MI理論)です。
ガードナーの多重知能理論はその後、多くの研究者によって妥当性が確かめ
られ、拡張され、現在では人間の知能は別表の8種類の知能から構成される
と考えられています。
 《以下、分類と代表的な人物を紹介》
言語知能・・・・・サンテグジュペリ、ヘレン・ケラー、紫式部
論理数学知能・・・アインシュタイン、アラン・ケイ、ホーキング
音楽知能・・・・・モーツァルト、ポール・マッカートニー、ジェニー
空間知能・・・・・スピルバーグ、アインシュタイン、ピカソ
身体運動知能・・・野口みずき選手、イチロー選手、サンテグジュペリ
対人知能・・・・・ケネディ大統領
個人内知能・・・・マーティン・ルーサー牧師、キング牧師、ヘレン・ケラー
博物知能・・・・・ダーウィン、カマラ

(引用終了)

これはあくまでも例だから、もっといろいろな人物について自分で分類して
みればいい。この8つの分類のどれかに割り振りしていけることだろう。

本書では「ITを与える保護者と先生のための三か条」というものがある。
いずれも「十歳の誕生を過ぎるまでは」という前置きがある。

第1条・・・ネットは与えないで。
第2条・・・PC(パソコン)より、五感と身体感覚を優先させて
第3条・・・人工(デジタル)より、自然(アナログ)を優先させて

ううむ。ここでもやはり十歳の壁というものがあるのですな。
子どもの精神を健やかに伸長させていくには、十歳以前の臨界期の関わりが
大事だということなのでしょう。

|

« 【私の本棚070418教養とは底力なり】 | トップページ | 私の本棚070506身体脳のすすめ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事