« 私の本棚070507問題解決力を高める | トップページ | 私の本棚070509読む「擬態」本 »

2007年5月 8日 (火)

私の本棚070508デフレ居酒屋?!

『パイナップルの丸かじり』(東海林さだお著;朝日新聞社 1,000円+税)
おなじみのまるかじりシリーズ。あたまがくたびれたときには、椎名誠か東海林さだおを読む。(^_^;)
絶不調の時には2人の対談集なんぞを読んで、回復を図る(^_^;)。
今回は、デフレ時代の究極の居酒屋ともいえる「100円居酒屋」が紹介されていて、さすがにたまげた。

-----(引用開始) 「当然殺気立っているんだろうな。怒鳴り合いながら、つかみ合いになりながら飲んでいるんだろうな」と思うかもしれないが、店内はワイワイ、ガヤガヤ和気ワイワイ(こんななごみのしゃれの聞いた書き方をするのがいいんだね~大谷註)、全員ニコニコ。”100円の威力”が、ここにいるすべての人の心を和気ワイワイにしているのだ。 (引用終了) -------

なんでもない食べ物や食材について東海林氏が書くと、どれもこれも喰ってみたくなる。平凡な綴り方ながら読者の脳髄にしみこんで小脳を刺激するような文体が食欲をそそるのだろう。ううむ。勉強になるなあ。(^_^;)

|

« 私の本棚070507問題解決力を高める | トップページ | 私の本棚070509読む「擬態」本 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事