« 070610今朝の散歩 | トップページ | 私の本棚070617web2.0の先 »

2007年6月11日 (月)

070611小旅行(富良野~十勝岳方面)

今日は、女房の休みに合わせて年休。(^_^;)そもそも土曜日は、娘の引越作業でヘロヘロになったので、その分としての自己代休という形。(理由はともかく、骨休め)
で、行った先は、いつもの富良野。(^_^;)
チーズ工房。ここへ行くと、決まって女房の試食につきあわされるので困る。自分が食ったら、もうひとつ私の分をとってきて・・・と、こうなるのだ。それも爪楊枝一本に5切程度のチーズを串刺しにしてこい!(^_^;)という無謀な要求を迫られるので、嫌なのだ。
Dscn6139 Dscn6138

今日は、これで終わらず上富良野から十勝岳温泉へと向かう。凌雲閣 で入浴するのかと思いきや、そのまま登山道へ。私は革靴、女房はつっかけの出で立ちである。(よくやるよなあ、全く(^_^;)
Dscn6157  Dscn6151

Dscn6149 入り口にはいきなり雪渓。これはちょっとの間で切れたからよかった。
途中、凌雲閣を見下ろすところで写真撮影。
安政火口目指してひたすら歩く。
近づくにつれて、硫黄や懐かしい硫化水素のニオイがしてくる。なぜなつかしいのかというと、大学時代、理科棟の入り口付近に化学実験室があり、そこからよく硫化水素のニオイがしていたからである。(アブネエなあ(^_^;)ちゃんとドラフトチェンバーかけていたのかなあ(^_^;)
十勝岳温泉は硫黄泉で鉄分も多く含んでいるものだから、転がっている石も鉄鉱石の原石のように赤茶けている。
Dscn6147 Dscn6158 凌雲閣は入浴料がちょっと高いので、やや下りたところの吹上温泉「白銀莊」へ行く。
ここはタニ庵(FreeTalk研修室の名称)のマスターが秋ともなると湯治にやってくるところ。(よく行くよなあ。(^_^;)湯治場というだけあって、自炊施設が整備されているのである。しかも、ちゃんと露天風呂まであるからなかなかよろしい。料金もリーズナブルである。
入浴料 600円なり。(^_^;)ただし、食堂がないのが残念。


山を下りて、これまたいつもの「富田ファーム」へ。いつ行っても、中国系観光客でいっぱい。おそらく台湾の方々ではないかと思う。時々、ハングルが出てくるので、こちらは大韓民国だろうね。(北なわけがないね)
毎度おなじみの枕カバー内にいれるラベンダー袋4個。部屋と車のパフュマイザーの詰め替え用を2本購入。
これで当分購入しないですみそう。(^_^;)Dscn6161
自称「半分 北星町民」なので、そのまま横にスライドして「北星茶寮」へ昼食を食べに行く。ランチタイムでカレーライス。これが結構いけるのである。
Dscn6162 Dscn6163
小1時間ほどもいたろうか。
とにかく、ゆったりと15:30あたりまでいた。
自宅を出発したのが、7:30。
いつも通勤だと、6:30には出て、帰宅は20:00以降ということがざら。
ちなみに、今日の場合、帰宅したのが16:40あたりである。
全く、毎日、通勤時間も含めて12時間近い労働時間をとっているわけだ。なにやっているんだかね。(^_^;)
今日は、実に充実した1日だった。毎日これじゃあ飽きるのかもしれないが、早いところ自由時間を十分にとれる境遇になりたいものである。
ところで、今日もまた5:00過ぎには犬の散歩もしている。日が長くなっている分もあるのだろうが、実にゆったりと時間が流れた感じがした。今日は行かなかったけど、いつもの「十年館」は北星茶寮の近くにある。

サークルのメンバーもちゃんと配偶者孝行をしているだろうなあ。(^_^;)

|

« 070610今朝の散歩 | トップページ | 私の本棚070617web2.0の先 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事