« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

神か?仏か?先祖のご加護?

明日から夏季休業が始まる・・という終業式当日の朝に女房から、息子が事故に遭ったとの電話。
とにかく収容先の病院に駆けつけるが、比較的軽傷で安堵する。(その後警察に行って、現場写真を見せてもらうまでどんな事故状況だったのかがよくわからなかったが、見せてもらって仰天=記事はここ)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/39728.html?_nva=30 (9/17現在削除済み)
こんな事故で、死亡・重体・重傷者のなかにあって、なぜか息子だけが軽傷なのである。

30日は日直なので出勤。同じく出勤してきた同僚から次々にお見舞いの言葉がかけられた。私が取り急いで戻った後でインターネットで速報をいち早く見て、状況が私より先に分かっていたようだ。
出勤者のうち、用務員さんが神妙な顔で聞いてきた。
「先生、お墓参りしてるかい?」
一応、これでも毎年欠かさずに行っていることを話すと、「それだわ!」と。
要するに、ご先祖さんが守ってくれたんだよというご指摘である。

女房は熱心なモルモン教徒であり、教会では天のお父様(神のことです)のご加護だという。

地獄に仏のことわざのように、この惨状で救われているのは、仏の御技であるとも言える。

いずれにせよ、奇跡・幸運の陰にはなんらかの力があるのかもしれない。
とにかく、亡くなった方のご冥福と他の友だちの快復を祈るばかりである。

|

2007年7月27日 (金)

不愉快極まる「迷惑メール」

毎日毎日、よっくもこんなに送りつけるな・・というのが、「迷惑メール」だけど、今朝のもののタイトルにも腹が立つものがあった。 >>>>>>>>>>> 貴方はヒモにむいています。私のヒモになりませんか? <<<<<<<<<<<<< るせィ!!バーロー(で、死ね死ね光線をあびせてやった) もちろん開封はしないけど、タイトル表示はされるから目に入ってくる。 息子が自動車事故(自損事故の搭乗者だった)で、入院し旭川へ日参しているところだから、普段にも増して頭にくるものである。 こういう迷惑メールを受信拒否設定をせずに受け取らないですみ方法をだれか考えてくれないかなあ。

|

2007年7月24日 (火)

滝野宿泊学習(引率)

今年の宿泊学習(7/18・19)には私が引率することになっていたので、おつきあいしてきた。
国立 滝野すずらん丘陵公園内にある「青少年山の家」が宿泊場所となっている。札幌市内の小学校は、例年くじ引きでもって、次年度の割り当てを決定するシステムになっている。
この時季(夏至近辺)は、当然ながら日没が遅く、19:00を回ったあたりでも十分に活動できるほどの明るさであった。
今年のプランは、1日目の昼を焼きそば作りに当てたので、余計に午後の活動に幅がでた感じがする。
Dscn6735

昼食後、「こどもの谷」へハイキング(1)。「こどもの谷」へは、初日と二日目の2回出向くことになっていて、子どもたちにとっては十分なハイキング量だろうと思う。
Dscn6742 Dscn6744 Dscn6749 Dscn6817

今年は夜中に騒ぐような子どももおらず(ここのところしばらくは比較的おとなしい学年に当たっていて幸せ)、ぐっすりと眠ることができた。やはり、日頃からの学級指導の影響によるものは、間違いがないだろう。
本校も含めて3校が入っていたが、品行では一番だったろう。(^_^;)
館内清掃も他に見られないくらいきれいにやってもらった・・というお褒めまでもらったくらいだからね。
Dscn6750

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »