« 私の考える「基礎・基本」 | トップページ | 学テ一考 »

2007年10月21日 (日)

五色百人一首大会に行く

今年で第3回となる富良野地区「五色百人一首大会」にスタッフ参加してきた。
記録係が中心だったので、余裕をもって見ることができた。
Dscn8279 Dscn8269 主催代表の荒谷さん(旭川市立永山小学校)が協賛店をたくさん見つけてきてくれたので、結構な商品・参加賞なんかが用意されていて、子どもたちが喜んでいた。
全体的にこぶりな規模であったが、アットホームなムードがあり、とてもよい雰囲気であった。
事後反省では、次のことを指摘してきた。
(1)次札を読み始める前は、前札の下の句から読まないとならないのだが、いきなり上の句を読んでしまうことがあった。
(2)「待った」の間中は、審判は挙手を続けるようにした方がよい。
(3)札並べの間は、審判は起立し、並べ終わって準備が整った段階で着座すれば、競技開始OKの合図となる。
(4)「待った!」の声かけは遠慮せずに、ハッキリ言わないと進行に支障を来すことがある。
(5)読み手は、全体の状況を確認しつつ、札読みをするくらいの余裕がないと競技進行に問題発生時に通り過ぎてしまうことがあるので、注意した方がいい。
(6)閉会式後のくじ引き会場を別の場所ですれば、会場整理を同時進行で行うことができて、効率的になったことだろう。

ざっとこんなものだ。
試合開始前、早々に参加者がそろってしまったので、前座で大沼さん(岩見沢小学校)がお得意のFLASHサイト(もちろん自作)を使って、時間調整をしていた。(さすが)
Dscn8191 こうやって、いつでも即座に対処できるようにしてあるのがいい。

夜はスタッフの懇親会があり、前座で私の特別講演を行った。
これもまた、開始時刻の連絡がうまくできていなく、1時間待ちとなるインターバルで行うこととなり、ちょうどよかった感じである。(^_^;)
Dscn8309 夏のFreeTalk恒例「バーベキューパーティー」の前に行ったものなのだが、ちょっとはお役にたてたかなと思う。
富良野の夜は大いに盛り上がり、楽しい呑み会であった。
仲間と過ごすひとときはいいものですね。

|

« 私の考える「基礎・基本」 | トップページ | 学テ一考 »

教育」カテゴリの記事