« 【私の本棚071008】しゃしゃれる教室 | トップページ | すてきだな »

2007年10月 9日 (火)

教材・授業開発研究所 全国大会

Arita  いつもははがきでいただく有田先生の手紙が、今日は封書であった。
左が同封されていたもの。
 教材・授業開発研究所 第1回全国大会の呼びかけ文であった。
 開催日は、12月23日(日) 9:40~17:10
 会場は、岡山大学
翌日 24日(月)は振り替え休日である。
ううむ。是非とも行きたい!!ところだが、先立つものが・・(^_^;)。
女房が「子どもたちばかりにお金かけていないで、たまには行ったら?」と促してくれるものの・・・。
ちなみに、次のように綴られている。
================================
 そろそろ紅葉の美しい季節となりました。当研究所では、古川さんや中嶋さんのグループのお骨折りで、第一回の全国大会を同封のような内容で行うことになりました。
 つきましては、先生のグループや仲間、知人などに参加して下さるようおすすめ下さい。このお願いのために手紙を書きました。
 明治図書の雑誌にも広告が出ますが、わたしからもお願いしたいと思い書きました。どうぞ、一人でも沢山おいで下さり、会を盛り上げて下さるとありがたいです。
 この日に、研究所でまとめた新刊も販売されますし、新しい学習指導要領の情報などもお話できると思います。
 どうぞよろしくお願いします。右、お願いまで。
 平成十九年十月七日 代表 有田 和正
各位
========================================
 ううむ。我がサークルの共著がここでお披露目となるわけだ。
 かなりの力作である。(自分で言うのもなんだけど(^_^;)
 21世紀の社会科(生活科・総合はもちろん、他の教科に関しても)で必要な学力はどんなもので、どうすることで身につけさせることができるかということを具体的に論述しているものである。
 ううむ。無理してでも参加し、本の販売をしてきたいものと考えているのだが・・・。
Dscn1937

|

« 【私の本棚071008】しゃしゃれる教室 | トップページ | すてきだな »

教育」カテゴリの記事