« ダメだこりゃ?!英語ノート | トップページ | iBookのHDD換装はお薦めできない?! »

2008年4月19日 (土)

このヤロ!RegistryBoosterのせいか?

パソコンというものは、いろいろ不具合が起きるのは当たり前という前提条件に立って、使用しなければならないものなのだが、今回もまたかなり困った状態となってしまった。キーボードの入力ができなくなったのである。
一応、マウスが使えたのが幸いした。
事件は、今朝、バカ犬の散歩から帰ってきてからトラブルが発生したのである。
書斎のPCは娘も使うことがあるので、自分用デスクトップ画面にはパスワード設定をしてある。当然、キーボード入力が必要となるわけだが、その時に入力できないのであった。
これまでも部屋の温度が低い時には、反応が悪いということはたびたびあった。ちなみに使っているのは、VAIO付属のワイヤレスキーボードである。それでも、数秒経つか、数回繰り返せばちゃんと入力できるようになっていた。USBキーボードに切り替えてもだめ。全くの無反応なのである。つまり、キーボード側に問題があるのではなく、PCのシステムあるいは、入力デバイスに問題があることがはっきりした。

どうも先頃、オンラインで購入したRegistryBoosterが既存のレジストリのデバッグを行ったことが問題らしいと気づく。大体にして、Windowsの場合、新しいデバイスやソフト(アプリケーション)を導入していくと、システム設計がその都度変更されていき、その元データとして存在しているのが、レジストリである。大本に関わる部分だけに、素人さんは手を出さない方がよろしい聖域とされている。
ゴミがたまってくると、差し当たって困ってくるのが、立ち上がりや終了の遅さである。そこを解決していこうというのが、先のRegistrtyBoosterというアプリケーションなのだが、どうも、今回は、キーボードのデバイス記録に手が加わったのではないか?というのが、私の結論である。

久々にセーフモードで立ち上げて、状態をチェック。この段階でも同じ症状だったら、ほとんどお手上げというところだが、なんとかクリア。アドミニでシステムの復元やら、ユーザーアカウントでキーボードのデバイスプログラムを更新してみるやらといった格闘の末、どうにか復旧。この入力をしているというわけだ。

教訓としては、いろいろゴミは増えていくものだが、それなりにデバイスもアプリケーションも、もちろんレジストリも相互に折り合いを付けて動いているものを、ユーザーの思い込みでリストラしようとするとろくな結果をもたらさないということである。(長い文章だなあ。(^_^;)

朝から疲れてしまった。

|

« ダメだこりゃ?!英語ノート | トップページ | iBookのHDD換装はお薦めできない?! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事