« TOSS酒井式全国大会(2日目;2008.6.28) | トップページ | なんで勉強するのか »

2008年6月29日 (日)

TOSS酒井式全国大会(3日目;2008.6.29)

折角、宮澤賢治のふるさとに来たのだから、賢治記念館へ・・、ということで、前日に行き方を現地人から聞く。
東北新幹線で、ひと駅「新花巻」で降りると歩いて行ける距離だという。
すなおに切符を購入して乗り込んだのが「こまち」。対して深く考えずに乗り込み、デッキで「このまま仙台となったら大変だな・・」とバカ話をしていたら、プラットホームの電光掲示板を見ていた廣川さんが「それだ。」ということで、慌てて下車。(^_^;)
あやうく仙台へ行くところだった。アブナイアブナイ
Dscn1525

30分後の列車で一路、新花巻へ。
荷物をコインロッカーに入れて歩き始めるが、これがなかなか着かない。(^_^;)
しまいには、記念館までの上り坂に迎えられて全員が辟易してしまった。(^_^;)
Dscn1529 Dscn1532 Dscn1542

小1時間の猶予ということだから、賢治記念館だけの見学となったが、大型タクシーの貸し切りを利用すれば、3箇所くらいは廻れたものと後でわかる。(残念)

記念館を後にして、タクシーで空港へ。

なんとも慌ただしい移動だったが、年中行事を一つこなして、満足の旅だった。
来年は、熊本で全国大会がファイナルを迎えることとなっている。
第一回が我が札幌で開催したのが懐かしい。
結局、酒井式作品の市民展示会はどこも引き継いでくれることなく、最終回を迎えるのだろう。
なんとも残念である。あの企画は、私は第一回の全国大会本場よりも力をいれて開催したものだけに引き継いてくれなかったのは無念の極みである。

思えば、第一回には向山先生もわざわざ駆けつけてくださったものである。
帰京後、体調をくずされたものだから、なんとも責任を感じたものである。
幸いに健康を取り戻されているので、ホッとしているところだ。

酒井先生を迎えての授業ライブがいよいよ7月4日(金)となった。
こちらは第11回を迎える。第一回も私が勤務する札幌市立ひばりが丘小学校であり、今回また勤務校 札幌市立もみじ台南小学校である。
実に有り難い話である。
多くの方々にご来校、参観いただきたいものである。
-------------------------------------------------------------
☆第11回TOSS酒井臣吾授業ライブ
日時 2008年7月4日 (金)12:30~
場所 札幌市立もみじ台南小
講師 酒井臣吾氏   
申し込み  下記HPより
http://www.max.hi-ho.ne.jp/logtaku/sakai_zyuku.htm

|

« TOSS酒井式全国大会(2日目;2008.6.28) | トップページ | なんで勉強するのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事