« 「国家・愛国心」は道徳教育の要か | トップページ | 080803 第13回国語修業講(参加記;前日編) »

2008年7月26日 (土)

子どもTOSSデーに参加する

第1回 夏休み子どもTOSSデーin岩見沢(岩見沢小学校会場)に講師参加してきた。
第1回ということなのだが、岩見沢市内で開催されるのはこれで2回目である。初回は美園小学校を会場として行ったものであった。それはともかくとして・・・。
今回の流れは以下の通り。

(1)自由研究にぴったりの工作を作ろう
① 絞り染め・クレヨンスクラッチ 大久保・上原・角銅
 帯広の佐々木智穂さんが授業技量検定で行ったものである。クレヨン地の上にアクリル絵の具でコートをかけるのだが、「ナイトブルー」なる色は知らなかったので、後で大久保さんに見せてもらう。Dscn2149

Dscn2146 Dscn2148 ② ビッグヨーヨー 吉岡・大谷
 ポリバケツの蓋を使って作るヨーヨーである。大きいながらゆっくりとした動きで、なかなか面白いものである。工作も小学生には適度な抵抗感があっていいものだと思う。

③ まぼうどんぶり 大沼・荒谷
 要するに巨大コンデンサーを使って、電気ショックを受けるという伝次郎さんで有名になったものだが、ネタもとは佐藤式工作第一集に集録されているもの。大本は科教協あたりで開発されたものだろう。佐藤式工作だから、基本形にどのような装飾を施すかというセンスが大事になってくる。見本は電気ショックを与えるものにちなんで、ナマズのかざりを付けたものであった。
Dscn2153

④ 紙けんびきょう 伊藤・廣川
 これの出展を聞くのをわすれたけど、たぶん仮説あたりだろう。この講座にはなかなか細かい作業ができないお子さんが参加していて、指を切ったりしてなかなか大変だった。

Dscn2156 Dscn2157
(2)たのしい理科室での実験3連発
 理科室内で3グループが順々に①岩石標本と化石のセットを作る作業 大沼② 私が行ったドライアイスシャーベット(これも仮説が初出である)大谷 ③ 紫キャベツの滲出液で液性反応を楽しむというもの 荒谷
 私が担当した②では、カルピスウォーターとパインカルピスの2種類を使い、ドライアイスで一気に冷やしてシャーベットを作るというものだが、パインは結構うまくいったのに対し、カルピスウォーターがなかなかうまくいかず、あぶくばかりという人がいた。当初はネクターを用意するつもりであったが、店になく、しかたなく買ってきたもので、事前に試すことなくやってのが、失敗のもと。概ね好評だったのだが、うまく固まらなかった子どもたちには申し訳なかった。(^_^;)
シャーベット作りの合間を縫って、ドライアイス実験演示をいくつか行う。
その1 浮かぶシャボン玉・・丸形水槽にドライアイスを入れておき、そこへシャボン玉を吹き込むと気体の比重の差で、シャボン玉が浮かんでいるというもの。フワフワ浮かぶ姿はなかなか幻想的なところがある。
その2 ドライアイス(=CO2)は、水にとけると酸性を示すというもの。事前にアルカリ調整しておいた水溶液にBTBを加えて青色にしておき、ドライアイスを投入すると黄色に変色するというもの。
その3 びっくりポン! 富士フィルムのパトローネケースに粉砕したドライアイスを入れて素早く蓋をする。数秒で、気化した二酸化炭素の圧力で、キャップがポン!!と飛び上がるというもの。簡単だけど、インパクトがある。
意外というべきか、ドライアイスが机上をス~っと動き回るのが面白そうに試している子どもが多かった。

Dscn2166
(3)スマートボードによる楽しい学習 すべて大沼
①グーグルアースによる 日本の4島の授業(日本の一番東西南北にある島を見てみるというもの)
②ナリガイガー TOSSランドより「掛け算ファイターさが」の足し算版といったもの。
③ 掛け算ファイターさが いわずとしれたベストセラー
④ 日本地図都道府県探し

(4)五色百人一首をしよう! 荒谷
 いつものもの。総勢33名の子どもたちでの百人一首で、結構白熱していたけど、負けてむしゃくしゃしている子どももいた。こういった感情をうまくコントロールできないまま大人になってしまうととんでもない事件を起こしてしまう人になったりするわけだから、小さいうちからガマンさせるとか気持ちを紛らす自制の手立てなどを学ばせておく必要を強く感じた。

以上で終了。
かなり盛りだくさんの内容ながら、かなりの好評のうちに終えることができた。
みなさん、お疲れ様でした。
Dscn2173

|

« 「国家・愛国心」は道徳教育の要か | トップページ | 080803 第13回国語修業講(参加記;前日編) »

教育」カテゴリの記事