« 『仕事道楽』スタジオジブリの現場 | トップページ | CD/DVDラベルは止めた! »

2008年8月18日 (月)

私の本棚080817夏休み最終日

【私の本棚080817夏休み最終日】
『野村の「眼」~弱者の戦い』(野村克也著;KKベストセラーズ 1,500円+税
ISBN 978-4-584-13056-8)

クセなのにみつけられない

さすがに名物監督としてならしてきたID野球の野村氏らしい好著。
生い立ちから選手時代のエピソードや同時代を生きてきた選手・名将たちへの分析か感想など、これからリーダーとして貢献していく立場にある人間にとっては、いろいろと示唆に富む内容である。
中でも紹介したいのが、「神様、仏様、稲尾様」(これを知っているのは結構な歳でありますね。(^_^;)で有名な稲尾和久にやられっぱなしだった時に、当時としては珍しい16㎜カメラで投球フォームを撮影記録して、分析するというシーンである。
稲尾の投球フォームはどの球種でも全く変わらないため、誰もが攻めあぐねていたところである。だから、日本シリーズ4連投4連勝優勝なんて快挙ができたわけである。(4連投だけでもウルトラ的にスゴイのだけど)
===================================
P.123~124
 最初の感じでは、稲尾のフォームには特徴は見当たらなかった。きれいな安定したフォームで、違った球を投げ込んでいる。だが、ビデオテープ(大谷註;フィルムのことであろう)が擦り切れるまで繰り返し見ているうちに、かすかなヒントが見つかってきた。ワインドアップして頭上で両手を組む際に、ボールの白が見えるときと見えないときがあるのだ。さらに注意して見ると、ボールの白が見えないときは内角には来ない、白がわずかに見えるときは100%内角に来るという特徴がわかった。
「これだ!」と思った。稲尾の武器はシュートとスライダーだ。内角に来ないとわかれば、外角のスライダーかストレートに的を絞ればよい。反対に内角に来るとなれば、シュートを打つ用意をしておけばよい。この特徴を発見したことで、対戦成績は確実に向上した。
 当時の投手は大まかなもので、ボールの握りを隠すような細かい注意はしなかった。私はそこに注目し、クセを読み取って、大いに打ちまくっていた。流石に稲尾はそこまでのんきではなく、ちょっと見ただけでは握りなどわからないような投げ方をしていたのだが、16ミリカメラとしつこい情報分析で、クセを見つけることができた。

====================================
ううむ。
野村氏をして、そこまでしつこく見続けてようやくたどり着くものなのだな・・と感心してしまった。
ここでふと、擦り切れるまで・・で思い出したことがある。法則化~TOSSの高段者たちはいずれも向山さんの授業テープや授業ビデオを繰り返し繰り返し視聴して、その授業技術を獲得してきている。
その前では、新潟の大森修さんが向山さんの著書をボロボロになるまで、繰り返し繰り返し読みこなし、その技術や技能を学んできていた。
向山さんをして「私は大森修という一人の読者を得たということに、本を出した値があったと感じる」というような趣旨の話をされていたことがある。

数ページ前の見出しに「稲尾が私のレベルを引き上げた」という一項目がある。これまたイチローの逸話を思い出す。田坂広志氏がよく引用されるイチローとハドソンの関係である。
アスレチックスのハドソンを打ちあぐねていたイチローが「ハドソンが苦手か?」というインタビューに対して「いいえ。彼は自分というバッターの可能性を引き出すすばらしいピッチャーです。」と返答した話である。
野村氏は稲尾との戦いを通してこう言う。
======================================
稲尾を攻略するにはどうするか。いろいろ知恵を絞る中で、打者としての私は成長することができた。
「一流が一流を育てる」と常々、思っている。一流がいるから、一流を倒そうと努力する。なんとか互角の勝負に持ち込もうと手を尽くす。稲尾は後輩だが、私からすれば、「一流のレベルに引き上げてくれた恩人」といってもよいかもしれない。(中略)
好投手は好打者をつくる教師であり、好打者も好投手をつくる教師だ。稲尾は私にとって最高の教師だった。

======================================
全く同じではないか。
プロの中のプロフェッショナルというのは、同じような体験をしてきているわけだ。
凡人には到底実感できない世界がそこにある。

高卒からテスト入団してたたき上げてきた野草魂から出される言葉には、いろいろと触発されるものが多い。
一読するといいだろう。

|

« 『仕事道楽』スタジオジブリの現場 | トップページ | CD/DVDラベルは止めた! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事