« 沈黙の一年?! | トップページ | D-Pro北海道は第2フェーズへ移行 »

2011年10月 8日 (土)

ありがとう、スティーブ

タイトルは奇しくも今月号のMacFan表紙に記されたものと同じである。AppleのCEOを退任したことへのメッセージということなのだが、ここでは私自身のパソコンライフへの感謝の言葉として記しておきたい。

私はまもなく53歳になる。
大学在籍の頃に日立のベーシックマスターが発売され、スイッチポンでベーシックの時代が幕開けした。
当時、大学のコンピュータはFORTRUNとCOBOLが導入されていて、引き出しごとにプログラムカードが入っていたものである。物理の研究室にはまだ4ビットのワンボードマイコンがあり、ベーシックマスターを購入した友人が持ち込んだモニター画面を見ながら、パーソナル時代の幕開けを実感したものである。

幸いに大学卒業と共に就職でき、最初の赴任先でファミコンブームが始まった。ファミリーコンピュータというわりには、コントローラとROM入りのカセットだけという作りで「どこがコンピュータか・・」という感じがしたものだが、実際にTVに映し出されるスーパーマリオを眺めながら、ゲームセンターが自宅にやってきたようなもんだと思ったものである。この頃のファミコンのCPUはモトローラ製を使っており、それがアップルのマッキントッシュに搭載されているものと知り、少々驚いたものである。
ちょうど8ビットPCとしてNECの88、16ビットPCとして98が売れ始めた頃で、すでにMac vs PCの構図が始まっていたということになる。しかしながら、アップルのコンピュータは憧れではあるもののそのあまりの高額で(だからこそ憧れなのだけど)、貧しかった教師(私のことですね)には高嶺の華ということでMSX程度で我慢するしかなかった。

その後、10年経過した頃ですら、また98クラスはフルセットでそろえるとなると50万円を超える高額パソコンでEPSON製で我慢する時代がしばらく続いていたものである。
その間、APPLEⅡ〜SE30〜ⅡCi(思えば、ここですでに「i」を使うようになっていたのだね)というラインナップを見ながら、「いつかはアップル」という思いで生活していたように思う。貧しい時代の日本庶民が「いつかはクラウン」という目標を持ちながら、健気に働いていた時代と同じようなメンタリティだと感じている。

札幌に転勤したあたりにジョン・スカリーに追い出されたジョブズはNeXTを立ち上げたわけで、当時は日本の販売代理がcanonであった。軀体がキューブという威容であったけど、その存在感がなかなかすてきに感じられたものだ。一方、能なしのかかしになってしまったアップルではパフォーマのようなおデブPCを売り出し、osすらもばらまき出したあたりから、屋台骨が左前になり始めた。当時、家庭訪問でおじゃました保護者宅にこいつが鎮座しており、「ジョブズが戻ったら、このままじゃおかないぞ。」てな話を子どもの話題そっちのけでしゃべりまくった記憶がある。(^_^;)

復帰してからの成長路線はすでにご存じの通りで、我ら庶民にとってはiMacこそがお値頃のパーソナルコンピュータとして迎えられたわけである。
iBook〜G4〜MacBookProまで購入するに至り、ますますその魅力に取り憑かれているといったところだ。

むか〜しのMacにはHyperCardというアプリケーションがバンドルされており、デジタル書斎派としてはつとに著名な山根一眞もまた、アップルファンの一人だろう。
os-Xの時代では、iLifeがその代わりを務めている。
要するにクリエイティブをサポートすることがパーソナルコンピュータに求められていることを考えると、常にパソコンライフで人生を豊かにするというジョブズの使命感がそのまま体現されて、製品化されたのがアップルのコンピュータというわけなのである。

私とはわずかに3歳の違いなのに、人としての功績があまりにも違い過ぎて、人生の一つの目標としておくにはあまりにもおこがましいのだけど、これからも彼の生き方というものを手本として行きたいと思っている。

ありがとう、スティーブ・・・。

|

« 沈黙の一年?! | トップページ | D-Pro北海道は第2フェーズへ移行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沈黙の一年?! | トップページ | D-Pro北海道は第2フェーズへ移行 »