教育

2016年5月 4日 (水)

知識に基づく「先読み」現象について

子どもたちに音読させると時々「書いて有るとおりに読まない」という現象に遭遇することがある。誤読による先読み現象である。

先読み現象とは、書かれている文や文章の流れ(文脈)から『おそらくそのように書いてあるだろう。』という思い込みによってテキストを拾って読むべきことを、自らの中に予想されるテキストを発声してしまうことである。

内容を間違って読み取ってしまう「誤読」とは異なり、音読での「誤読」には知識の自己再生が邪魔をしてしまうようである。人間の賢さが読みを助けることがあり、会話や対話での音声言語を介した情報交流場面ではよくあることである。

例えば、野口芳宏氏が「教室音読のすすめ」と題した講演(野口芳宏著作集 第一集別巻に所収されている岐阜講演会でのもの)で、氏は来場者に向けて若干声量をおさえつつ口形も不確かな状態で次のように話してみたところ、来場者はものの見事に賢さで間違った音声言語を正しい内容としてのテキストへ変換してしまったのである。

野口氏は犬の絵を提示しながら、次のように言っている。「これあ、えぬのいです。」来場者は「これ<は><犬>の<絵>です。」と聞き取っているのである。

野口氏は続けて次のように言う。「日本語を学んでいる外国人は、言ったとおりに正確に聞き取るのだが、日本語を母語とする日本人には言わんとするところを勝手に補正して聞き取ってしまう。」(正確ではないが、ほぼこのようなことをおっしゃっている)

学習科学におけるテキスト補正について、三宅なほみ氏はサイトで「THE CAT」(図を参照)を用いて同様のことを述べている。

Image002

少しばかりの英語の知識をもつ私たちには、上の図をみれば「たちどころにTHE CAT」と読めてしまう。

正確には図2の表記不備の文字は読めないとするべきものだが、図1の表記では前後の流れから図2の文字を「H」と「A」に置き換えて読むのである。

Image004

H」と「A」は異なる文字で誤読することが難しいのだが、私たちの頭の中では適正な補正をして文脈構成をしてしまうようである。それは経験や知識に基づくものであり、人間の賢さの影響による。

卑近な話ながら、私は「ひつまぶし」を知らなかった時に、初めて見たこの言葉(写真といっしょに書かれていたらこうはならなかっただろうが)を「ひまつぶし」と黙読したのである。「ひ」「つ」「ま」「ぶ」「し」の5文字をひとかたまりに見た時に、持っている知識の中から瞬時に知識としてもっている「暇潰し」という語に当てはめてしまったということである。もちろん誤読である。「ひつまぶし」の正体を知ってからは(つまり「ひつまぶし」という食べ物の知識を得てからは)二度と誤読することはなくなった。(^_^;)

子どもたちの音読で誤読が起きるのは文末が多い。また、文中で読みがよどんだりつっかっかったりするのは、その子にとって知識としてない言葉であることが多い。

知識は学習の上で必要なことではあるのだが、知識による「しばり」という影響も伴うことがあるのだということを考えさせられる事例だろう。(終わり)

|

2009年9月 5日 (土)

英語ノートCDの効果

スマボ(スマートボードを略してこう呼ぶ)のセッティングを頼まれたついでに、使用する「英語ノート」CDのコンテンツをいくつか試してみた。
感想は「悪くはないが配慮が不足」というもの。
その1
ボタン位置が悪い
スマボを操作しつつ、授業にリズムとテンポを創り出すためには欠かせないのが操作ボタンの位置である。
コンテンツ(多いのはFLASHだろうけど)を作る人は、画面の中央下に配置はしない。右下か左下(できれば、選択できるようにする)である。
なぜか。
投影画面に授業者がかぶる
子供たちへの視線がはずれる
基本的なことだが、子供たちを観察しながらコンテンツ操作できるのが理想だ。
そのためには、できるだけ教師の動きを小さくする必要があるわけだ。
よくみられるのは「隠しボタン」と呼ばれるもので、ボタン用に透明のレイヤーを用意して、下半分を前進・上半分を逆進ボタンにしてしまう手法だ。
これだとリズムとテンポをくずさないで済む。
学習している子供にとって画面上にボタンが見えている必要はない。ただし、子供が直接使うことを考えたら必要ではある。
したがって、この解決法は「授業者用の透明ボタンレイヤー」を付けておくことである。

その2
正解・誤答の反応がない。
回答欄に正答や誤答を入力(番号を選択するタイプ)しても、正答誤答を示すブザーやベル音などの効果音がない。
強いて言えば、教師が自ら発声するくらいなものだ(^_^;)。
効果音というのも授業の進行には結構、必要な要素である。

ざっと数分のチェックをした上でのことだが、出来映えとしてはまずまず。
欲を言えば、上記の問題改善を図っていくために、ソースプログラムを公開してもらいたいということだ。
無理だな、たぶん。
文科省がそれくらいのことをしてくれるようになれば、英語活動の授業コンテンツは数段普及していくだろうと思う。
民主党政権となって教育行政がどうなっていくか、別な視点ながら興味のあるところだ。
( ^ω^ )

|

2009年3月15日 (日)

we can do it! の教育思想

1 
Yes,we can!は、オバマ米大統領の決めゼリフとして有名になったフレーズだ。
I can!といわなったところがいい。ともすれば、大統領となった自分がしっかり舵取りしていくぞ・・という意気込みから、「I」と一人称で言ってしまいそうなのだが、「we」とすることで、国民へのアピールが増したのだと言えそうだ。

2 
『青春と読書』に連載中の移植外科医 加藤友朗(ともあき)氏が「とても危険な手術になると思います。でもきっとできると思いますよ。」の英訳を次のように示している。

Very dangerous. But I think we can do it.

3 
やはり、we としている。医療のことであるから、医者の治療と患者の意志や回復力とが一体とならなければいけないことから、連帯感を訴えるところから、この人称を使うのだろう。

4 
しばしば向山洋一氏は、教師と医者の共通点を引用して、教育技術の重要性について述べることが多い。愛情だけで技術がなければ指導の効果が期待できないということだ。
さらに、技術を使いこなす能力を磨くことで「技能」を高める必要があることも合わせて主張することがある。
盲腸すら治せない外科医に治療を任せるわけにはいかないだろう、ということだ。

5 
授業を展開する主体は教師にある。つまり、「I」私が行う。
学習を展開する主体は子どもにある。つまり、「you」あなたが行う。
教育を展開するのは、両者にある。つまり、「we」私たちが行う。

6 
ともすれば、教師の権威や主導による教育活動が目立つのだが、「わたしたちで創りあげていきましょう。」という視点に立つことが、教育の原点回帰として必要なのではないだろうか。
そんなことをふと考えたのである。

|

2008年8月 6日 (水)

080804 第13回国語修業講(参加記;当日模擬授業編)

夜中に隣室の長いシャワー音に悩まされつつ、なかなか眠れずに、イライラしていたら、自室バスルームの 換気音が原因と判明。(^_^;)3時過ぎにようやく眠る。と、6時半頃にモーニングコールが。頼んだわけでもないのになんじゃ?!と思っていたら、柳谷さんからのメッセージで朝食を食べに行きませんか?というものだった。そんなの前日の懇親会で言っておけばいいものを・・と、寝不足気味の中を身支度する。
強烈に天気がよく、早朝より朝市は大賑わいであった。朝市の中にある釣り堀でイカを釣り、そのイカの刺身をおかずに、カニ丼500円を食べる。
満足。(^_^;)現金なものだね。Dscn2261
Dscn2260 Dscn2264

ホテルに戻ってコーヒーを飲みながら新聞を見ていたら、矢田さんが降りてくる。東横インの簡便朝食セット(サービス提供)を食べる。彼は、朝市には行かなかったのである。

ホテルを出て、会場の一路大中山コモンへ向かう。
もう何回、ここで研修講座を受講したものであろうか。相当になじみがあるのだが、いつきても、ボロボロで小さな黒板消しのままで、辟易してしまう。当然ながら、黒板は粉だらけという有様である。ちゃんとやってほしいものだなあ。
模擬授業6本を一気に行う。
私は教育出版教材「わすれられない おくりもの」(スーザン・バーレイ)を焦点精査で行う鑑賞指導というものである。
教材文を読んだことがない人もいる中で、15分で焦点精査をせよというのが無謀なことであるが、しょうがなく行う。
Dscn2273
この教材は、起承転結のメリハリが弱い構成で、おまけに主人公のアナグマが早々に死んでしまい、回顧録といして話が展開するという、教科書教材としてはイレギュラーに近いものなのであるが、そういう教材で焦点精査を行うには、このような手法で行うと効果的ですよ・・という提案であった。
実は、この教材で授業するというのは、4日前にわかったことで、それまでは光村図書「海の命」をするものとばかり思っており、教材文もすっかり用意できていたのである。(^_^;)
なんともはや・・。それにしても、授業をしたことがある教材だったから、まだよかったものの、知らないで当日を迎えていたら、さすがの私も焦っていたことと思う。
しどろもどろの未消化の授業ながら、野口先生からのご講評はお褒めのことはあっても、咎められるところがなく、少々驚きであった。

ちなみに「海の命」は来年1月に旭川で行われる第14回国語修業講ですることになっていたのだが、あいにくと市教委の指定研修を受けなければならず、私の授業も講座も一切がなくなってしまった。(^_^;)なんとも申し訳ない気持ちである。

|

2008年8月 5日 (火)

080804 第13回国語修業講(参加記;当日講座編)

午後の講座では、「社会科の新学習指導要領下で国語科の言語活動との連動をどう図っていくべきか」という趣旨の話をさせてもらった。
端的に言えば、社会科の学習用語を使って、学習後に批評作文を書いて、理解の定着と評価を図るというものである。
これまでの市販テストでの穴埋め(=知識偏重の社会科指導)を脱却する指導方法を提案するというものである。

ただ、PISA型の学力形成を促進させていく手法としては価値はあるだろうと考えている。
「読解表現力」「クリティカル・リーディング」といった有元氏の主張を取り込みながら、論理的思考を働かせ、社会事象を価値評価させていくという流れは、これまでにあまり無かった指導方法ではないかと思う。

Dscn2281
受講者の方々の表情からは、うなづきや納得が感じられたので、準備していった甲斐があったかと思う。

私の次は、旭川の小林智さんの講座であったが、さすがに中学校教師としての国語指導が随所に見られて、なかなかうちにはないキャラクターで面白いものだった。

サ~っと後片付けをして、17:00前には会場を後にすることができた。今回も野口先生とは一杯やることができなかったのが残念だ。酒井塾もそうなのだが、終わってからの懇親会で主任講師とともに酌み交わす時の話題から学ぶことが実に多いし、精神的に得ることが実に多い。
聞けば、8月31日(日)に帯広で野口塾があるが、そちらも日帰りということだから、当面、野口先生との呑み会がなく、残念に感じている。

長万部のかなやはドライブインも本店もすでに18:30を過ぎて閉店しており、カニめし弁当を購入することが出来なかった。一気に走って、22:00には岩見沢に到着することができた。そんなにとばしたわけではないが、車の流れがよかったのだろう。
洞爺湖サミット時期だったら、こんなわけにはいかなかっただろうから、ことさら早く感じたものである。(^_^;)

|

080803 第13回国語修業講(参加記;前日編)

前日(8/3)
朝、9時過ぎに岩見沢を出る。
矢田さんを拾って、柳谷さん宅により一路、函館へ。
久しぶりに大野新道を経由して函館駅方面へ向かう。
大体、片道310㎞くらいもあるだろうか。
宿泊先 東横イン函館朝市で柳谷さんたちを降ろして親戚巡りと墓参りに向かう。
17:00より懇親会となっているので、実に慌ただしく動く。
懇親会場は、ホテル近くの「海光房」という居酒屋。
朝市の中にある居酒屋という雰囲気である。

Dscn2259
すでに松本さんや小林さん、渥美さんらスタッフが来ており、埼玉から参加いただいた越川(えつかわ)さんが一緒に加わってくれていた。塾講師をされている方で、国語修業講の参加者としては異色の方である。いずれにしても熱心な方であった。聞けば奥さんといっしょに来道されたとのこと。青森からのピンチヒッター参加の岩澤らんも加わっての楽しい会であった。
コースメニューながら、満足のいく内容であった。
やはり、函館の夏はイカである。夏イカの定番はスルメイカであろう。透き通った身に、コリコリした食感と甘みのある味わいがなんともたまらない。
私の子どもの頃は、イカ売りのおばさんがリヤカーを引きながら早朝より「いが~いが~」という独特のよびかけをしながら売って歩いており、粋の良いイカを毎朝のように食べていたものである。
ちなみに私の一番好きな食べ方は、大根おろしとともに熱々のご飯で食べることである。(これを打っている段階であの味を思い出してしまう(^_^;)

翌日が本番なので、深酒をせずにスゴスゴとホテルへ引き下がる。当日の懇親会ならば、当然のごとく二次会三次会と飲んだくれるところだが、さすがに講師で講座を2本もっている状態ならそうはいかないものである。(^_^;)

|

2008年7月26日 (土)

子どもTOSSデーに参加する

第1回 夏休み子どもTOSSデーin岩見沢(岩見沢小学校会場)に講師参加してきた。
第1回ということなのだが、岩見沢市内で開催されるのはこれで2回目である。初回は美園小学校を会場として行ったものであった。それはともかくとして・・・。
今回の流れは以下の通り。

(1)自由研究にぴったりの工作を作ろう
① 絞り染め・クレヨンスクラッチ 大久保・上原・角銅
 帯広の佐々木智穂さんが授業技量検定で行ったものである。クレヨン地の上にアクリル絵の具でコートをかけるのだが、「ナイトブルー」なる色は知らなかったので、後で大久保さんに見せてもらう。Dscn2149

Dscn2146 Dscn2148 ② ビッグヨーヨー 吉岡・大谷
 ポリバケツの蓋を使って作るヨーヨーである。大きいながらゆっくりとした動きで、なかなか面白いものである。工作も小学生には適度な抵抗感があっていいものだと思う。

③ まぼうどんぶり 大沼・荒谷
 要するに巨大コンデンサーを使って、電気ショックを受けるという伝次郎さんで有名になったものだが、ネタもとは佐藤式工作第一集に集録されているもの。大本は科教協あたりで開発されたものだろう。佐藤式工作だから、基本形にどのような装飾を施すかというセンスが大事になってくる。見本は電気ショックを与えるものにちなんで、ナマズのかざりを付けたものであった。
Dscn2153

④ 紙けんびきょう 伊藤・廣川
 これの出展を聞くのをわすれたけど、たぶん仮説あたりだろう。この講座にはなかなか細かい作業ができないお子さんが参加していて、指を切ったりしてなかなか大変だった。

Dscn2156 Dscn2157
(2)たのしい理科室での実験3連発
 理科室内で3グループが順々に①岩石標本と化石のセットを作る作業 大沼② 私が行ったドライアイスシャーベット(これも仮説が初出である)大谷 ③ 紫キャベツの滲出液で液性反応を楽しむというもの 荒谷
 私が担当した②では、カルピスウォーターとパインカルピスの2種類を使い、ドライアイスで一気に冷やしてシャーベットを作るというものだが、パインは結構うまくいったのに対し、カルピスウォーターがなかなかうまくいかず、あぶくばかりという人がいた。当初はネクターを用意するつもりであったが、店になく、しかたなく買ってきたもので、事前に試すことなくやってのが、失敗のもと。概ね好評だったのだが、うまく固まらなかった子どもたちには申し訳なかった。(^_^;)
シャーベット作りの合間を縫って、ドライアイス実験演示をいくつか行う。
その1 浮かぶシャボン玉・・丸形水槽にドライアイスを入れておき、そこへシャボン玉を吹き込むと気体の比重の差で、シャボン玉が浮かんでいるというもの。フワフワ浮かぶ姿はなかなか幻想的なところがある。
その2 ドライアイス(=CO2)は、水にとけると酸性を示すというもの。事前にアルカリ調整しておいた水溶液にBTBを加えて青色にしておき、ドライアイスを投入すると黄色に変色するというもの。
その3 びっくりポン! 富士フィルムのパトローネケースに粉砕したドライアイスを入れて素早く蓋をする。数秒で、気化した二酸化炭素の圧力で、キャップがポン!!と飛び上がるというもの。簡単だけど、インパクトがある。
意外というべきか、ドライアイスが机上をス~っと動き回るのが面白そうに試している子どもが多かった。

Dscn2166
(3)スマートボードによる楽しい学習 すべて大沼
①グーグルアースによる 日本の4島の授業(日本の一番東西南北にある島を見てみるというもの)
②ナリガイガー TOSSランドより「掛け算ファイターさが」の足し算版といったもの。
③ 掛け算ファイターさが いわずとしれたベストセラー
④ 日本地図都道府県探し

(4)五色百人一首をしよう! 荒谷
 いつものもの。総勢33名の子どもたちでの百人一首で、結構白熱していたけど、負けてむしゃくしゃしている子どももいた。こういった感情をうまくコントロールできないまま大人になってしまうととんでもない事件を起こしてしまう人になったりするわけだから、小さいうちからガマンさせるとか気持ちを紛らす自制の手立てなどを学ばせておく必要を強く感じた。

以上で終了。
かなり盛りだくさんの内容ながら、かなりの好評のうちに終えることができた。
みなさん、お疲れ様でした。
Dscn2173

|

2008年7月21日 (月)

「国家・愛国心」は道徳教育の要か

明治図書『現代教育科学』誌 10月号は、この特集題となっている。
ちょうど10年前、同誌9月号の特集題は「国家・国民」をどう教えるべきか・・であった。
どちらも学習指導要領改訂の年に「国家」問題が扱われるのは偶然ではないだろう。

私に与えられた論題は「小学校現場からの提言・「国家と愛国心」をこう考える」というものである。「こう考える」というわけだから、日ごろよりの思いを書かせてもらった。他の項目ではどれも3ページ割当ながら、私のところは5ページも提供してもらえたので、ありがたいことである。

さて、特集題に正対しての私の解は「是」である。国家・愛国心を考えると、とどのつまりは自分のアイデンティティを扱うことになるし、家族や公共心ということも必然的に思いを馳せることになる。しかしながら、今の国情を考えるととてもじゃないが、国家・愛国心を心に抱いている若者にあふれているとは到底言い難いところがある。

国民を大事にしない政治をしていて国家の存立を保障できるわけがないだろう・・と言いたい。教育以前の問題があるんだ・・ということを書かせてもらった。現場からの提言というとどこか授業プランを提案してほしいところがあるのかもしれないが、現状は夢・そら言を述べている余裕はないのである。

誠実に勤労し、納税し、社会保険料も支払ってきたのに、無駄な箱物に流用され、挙げ句の果てに記録が無いだのという。国のエネルギー政策に乗って、国家の一翼を担ってきたのに、石油需要や原子力へと方針転換されて、観光で喰いつなごうとしながら破綻にあってしまい、それでも愛着があるといって厳しい行財政改革に協力している夕張市民たちは、立派な愛国者ではないか。

そんな思いを背景として今回は執筆した。下書きは、FreeTalk SNS内のコミュニティ「論文・原稿閲覧室」に掲載してあるので、関心のある方はSNSへの参加承認を得てから、ご覧いただきたい。

|

2008年7月19日 (土)

080719CIEC北海道 第2回研究会参加記

加藤悦雄さんの紹介で参加してきた。
CIEC(シークと読む)は、今年の3月に第1回の設立記念研究会を開催している。本部の活動としてはすでに11年と聞く。10年を経て、ようやく北海道にも支部ができたということだ。
教育・研究へのコンピュータ利用の在り方と可能性を考える学術団体である。
今年の夏8月には慶応でPCカンファレンスが開催されるのだが、名誉実行委員長は安西祐一郞さんである。古くからFreeTalkに参加しているメンバーなら、以前に私から聞いたことがあることだろう。
以前に北大にも勤務されていた事があり、その当時執筆された『知識と表象』を勧めたことがある。認知心理学としては草分け的存在の方で、今や慶応の塾長である。(いずれ戻るのだろうなあと思っていたら、あっという間に塾長=学長=にまでなってしまった)
他にCIECの顔ぶれを見てみると、当然のように佐伯胖先生がいる。
北海道の世話人で知っている人は、なぜか(^_^;だって、科教協がらみなもんでね)大野栄三さん(北大)、小賀聡さん(ラプト)がいる。空知で有名人の佐藤祈さん。今回の講師の1人。
あいにくと会長の森夏節さん(酪農学園大)は存じ上げなかったなあ。

さて、今日は夜に学校では4年生~6年生を対象としたPTA主催のお泊まり会があるものだから、車を学校において会場へと向かう。
会場は、かでる2・7のむかいの緑苑ビル4Fにある情報大学札幌サテライトである。
受付時刻ちょっきりに会場に入り、iMacをいじりつつ、webメールのチェックやSNSへのアップロードやレスポンス作業をちゃっかりと進める。(^_^;)

支部長は森夏節さんで女性である。流れは以下の通り。
1)Learn Anytime! Anywhere!」坂本憲志さん(Appleジャパン東日本営業部長)
 なかなか慣れている方で、大変よい内容だった。IBMから始まったというキャリアーで、いわゆるヘッドハンティングでどんどんスキルアップをしていったという雰囲気がある。統率力があるから営業部長をまかせられるのだろうという風体である。(^_^;)実際、熊のようだった。(失礼(^_^;)
しかし、話は大変に知的であった。

2)「日本語コースにおけるiPod活用の実践報告」遠藤仁美さん(DUKE大学)
なんでDUKE大の先生がいるのかと思ったら、実家が札幌で帰省中とのこと。持ち時間30分なのに、大幅に延長(^_^;)。以下、ズルズルと伸びていく。TOSSでは考えられないなあ。(^_^;)

3)「開かれた学校を目指して~iPodの活用を探りながら~」佐藤祈さん(三笠市立新幌内小学校教頭)空知では著名人だろう。若いのに教頭やっているのだから、えらいもんだね。

午後の部。
4)「学校環境でPodcastコンテンツを速やかに配信する」曽我聰起さん(北海道文教大学)
今回のコーディネータで、Mac貸与の心遣いをしてもらった。

5)「Macで作るPodcast」アップル・ジャパンのワークショップ
2名のスタッフと坂本さんらのよほどきとiLifeを使って実際にPodcastを作ってみた。
やっぱりええのう!(^_^;)
やっぱりちゃんとiLifeが快適に動く環境導入をしないとダメだね。
壊れているiBookG3は900MHzクロックだから、動作ギリギリで、スペックとしてはかなりきつかったわけで、こりゃやっぱりCore2Duoで4Gメモリを積んだノートProでやってみたいもんだね。(^_^;)

あっという間に終わってしまい、そそくさと学校へ引き返す。
途中、大通公園では夏恒例のビアガーデンが設営されていて、早い時間帯からやっているところがあった。呑みたいのをがまんしつつ、学校へと戻る。(^_^;)

|

2008年7月11日 (金)

TOSS酒井式授業ライブ(5)

Dscn1740 盛り上がる懇親会
Dscn1714

懇親会の定番は、参加者が持ち寄る作品合評会である。
古くから酒井式実践をされてきた同志 佐藤真史さんが指導された1年生の運動会の絵は、酒井式のセオリーをしっかりと盛り込んで指導された逸品ぞろいで参加者がみんなうなっていた。大体にして、1年生の運動会終了時期なんていうのは、幼稚園・保育所時代とそんなに力量変化があるわけがない段階なのだが、それぞれがきちんとモチーフをもち、主張を感じることができるというだけで、大したものなのだ。
Dscn1715 Dscn1723
今回もオホーツクの青木さんがたくさん持ってきてくれた。
特別支援学級の子どもたちの作品なのだが、それを感じさせないところに
彼のすごさの本質がある。
とかく特別支援学級であるというだけで、それほどの期待も手のこんだ指導
もしない、いわば諦めの指導観とでもいったらいいのだろうか、そういう
ネガティブな思いを持っている特別支援学級教員が多い中で、子どもの可能性
を信じて、自信を回復させていくところがスゴイのひと言である。
Dscn1724 Dscn1738

毎回毎回、遠くから必ず駆けつけてくれるそのポテンシャルたるや、だれにも
負けない人である。

さらにSOUPLE編集長 角銅さんの登場。今回の酒井式全国大会での優秀賞を獲得
した「銀河鉄道の夜」である。

この作品の惜しいところを考えさせられたのだが、こういうちょっとした指導を
得られるところが懇親会のよさである。(だから、ここでは公表しません。(^_^;)

二次会には厚別区校長・教頭の合同懇親会を終わって駆けつけてくださったお二人
を交えて、さらに話が盛り上がっていった。
Dscn1741
新さっぽろの楽しい夜は更けゆく。(^_^;)

|

より以前の記事一覧